スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
りょうちゃん
今夜、りょうちゃんが旅立ちました。
たくさんの愛と絆を母や仲間やそして私に
プレゼントしてくれて、りょうちゃんが旅立ちました。

まゆさんが、時々送ってくれる
りょう母のともさんのメールに私は何度
心をあつくしただろう。

先月、最後の戦友を見送ったときに
「次は俺だ!」と言ったりょうちゃん。
その語ったりょうちゃんにともさんは
「そうかもしれない。でもその時が来たら安心して行きなさい。」
と語ったという。
なんという愛の深い言葉だろう。
病気がわかってからの一年余りを
必死にりょうちゃんと向かいあい、生き抜いてきた母だからこその言葉

今夜が・・・・とまゆさんから連絡をもらったのは夕方。
私は、明日の準備で買い忘れたものがあり
めずらしくご飯の用意をすませ
一人で買い物に出ていた。
そして、宛先を間違えてkakkoちゃんに送ったところがドジなんだけど

「今日の月はとってもきれい。りょうちゃんの魂みたい」と
8:27分に送付した履歴が残っていた。

ついさっき、「メールでいうことではないけれど」と
まゆさんから連絡が入った。
「8:26にりょうたが天国へ旅立ちました」というメールだった。
私は驚いて、メールの履歴を確認した。
まちがいなくその時間、
私は空を見上げて、りょうちゃんとともさん親子のことを
思っていたのだ。

20061031221149.jpg


最近、なずちゃんのことを話していて思うのだけど
短い命を一生懸命に生き抜いた子供達に出会うたびに
私もこの子たちに負けないくらい
自分の人生をしっかり歩こうと心に新たに誓う。
「なずなちゃんの笑顔」もりょうちゃんが読みたいって
言ってくれたから、一生懸命最後のラストスパートが
できたのかもしれないと思う。
(りょうちゃんは、なずちゃんママの命の授業を
 小学校の時に聞いている生徒の一人です。)

いじめやいろんな問題で大切な命が絶たれる昨今
自分のことを愛して
ありのままでいいんだよ!と叫びたい気持ちにかられる。
いや、私一人小さな声でも叫び続けていこうと思う。

りょうた君の冥福を心から祈ります。
そして、彼がのぞんだように悲しむのではなくて
「お疲れ様、よくがんばったね」と
誉めてあげたい気持ちでいっぱいの今夜です。
スポンサーサイト
【2006/10/31 22:15】 | 未分類 | コメント(7) |
紅茶ギャラリー「原始林窯展」
紅茶の時間は
ギャラリーになったりライブハウスになったり
セミナー会場になったりショップになったり・・・・。
その時その時の求めに応じて柔軟に
しかも個性的な関わり方でその姿を変えていく魅力的な場所。

今日は、ギャラリーというわけで
いたるところに、器が並べられていました。
20061028214818.jpg


今から冬に向かって活躍する薪ストーブもほらこの通り

20061028214734.jpg


この模様「たこ唐草」というそうで、手描き出来る人は
どんどん減っているのだそうです。
こりんさんは、その少ない継承者のおひとりだそうです。
この模様が手間がかかり、生産性が悪いためだそうです。
いろんなことが効率主義になった余波がいろんなところに
出ているのですよね。
時間がかかってもいいじゃないの!!という人は
どんどん減っているのでしょうか。
自分はそうでないようにと心に留めました。

20061028214759.jpg


紅茶の時間の家主のまあさんは
げんさん&こりんさん以上に、いろんな解説をしてくださいます。
それがまた楽しいのです。
そして、制作者のお二人がにこにこと
「まあ、ありがとう」って微笑んで見ていらっしゃる光景。
なんだか、ほっとする時間が流れていました。
どこぞのギャラリーでどうにかして
買わせようとするお話しではなく
この器や制作者のことを大切に思っている、
まあさんだからこそできるお話し。

私の自分へのごほうびは(・・・といっても家族で使うのだけど)
この二つ

20061028215007.jpg




20061028214946.jpg


「肉じゃがが格好良く見える器」なっていったら
スウさんに「美味しく見えるだよ」って訂正が入りました。

他に、植物が大好きな大切な友人へ
「ノコンギク」と「ワレモコウ」の小皿を購入したら
こりんさんが、「それじゃあこの紙袋に入れましょうね」と
手書きの袋に入れて下さいました。
細かなところにまで・・・・なんて嬉しいのでしょう。

20061028214836.jpg


緑に囲まれた紅茶の時間での素敵なひとときでした。
あっ!しっかり講演会のお話しもしてきましたから。
12月に我が校に昨年度から持ち越しの
念願の出前紅茶が実現しそうです。
いろいろ、紆余曲折がありましたが
生徒に素敵な時間がプレゼントできることまちがいなしです。

20061028215049.jpg


あれもこれもほしくなる「原始林窯」の器だけど
次の機会にまた、楽しみにします。
げんさん&こりんさん
まあさん&スウさん
ありがとうございました。
【2006/10/28 22:28】 | 未分類 | コメント(12) |
声は全ての情報源!!
特別紅茶「原始林窯展」にYちゃんとでかけました。
ギャラリーも何年越しの思いが通じての
初めての参加でした。

今日は、たくさん写真を載せます。
ゆっくりごらんください。

秋晴れの気持ちの良い日
到着したら、いつもよりうんと真ん前で
看板が私たちを出迎えてくれました。


20061028214858.jpg


「こんにちわ~」と中へ入ろうと思ったら
朝一番に器にお花を生けにきてくださっていた
Nさんとばったり
実は、お渡ししたいものがあったので
ラッキーでした。もう少し話をしたかったんだけど
それは、またの機会のお楽しみにします。

中へ入ると、いつもの紅茶の時間とはがらりと
雰囲気を変えて
まさに「紅茶ギャラリー」に変身していました。

20061028214925.jpg


「うわあ~」と一気に器好きの私は
真剣に我が家へ連れて帰る子の検討を始めました。(笑)
かわいい子供用の動物シリーズには
今回、紅茶のアイドル翔ちゃん&マガちゃんが
モデルのお皿がありました。
一緒のYちゃんも2才のこうちゃんに何かお気に入りがみつかったようでした。
我が家の姫には、まっさきにハムちゃんのスープカップを。

20061028215034.jpg


実は、今日は1日オープンハウス状態であるということで
仕事の話もスウさんとしたくてやってきました。
Yちゃんはその係の先生。
私は、彼女が初任の時に自分も未熟ながら指導の立場に
ついたこともあり、それからずっと仲良し。
で、スウさんとの縁を取り持ちました。
いろいろ細かい話をしながら、二人がこの日多分同時に心に残ったのは
「声は全ての情報が入っている」というスウさんの言葉でした。
私たちの仕事・・・いえ、幼子を持つ私たち二人にとっては
声の出し方で、相手にどんな風に伝わるか考えることが
ことのほか、重要に感じたのでした。
Yちゃんには、スウさんの本を貸していたのですが
自分でこうにゅうするということで、スウさんのサインを頂きました。

20061028214718.jpg


もちろん、仕事の一環として訪れているのだけど
それでも
「ここに来るといつも何か発見があります!」というYちゃん。
心がすーっと前を向いています。
きっときっと、どんどん素敵な教師になっていくのだろうなあ。
負けていられないわ!!

私は私の小さな、線の細い声がコンプレックスでしたが
いつのころからか、そんなことは思わなくなりました。
朗読をしたり、読み聞かせをするようになって
ますます、声の出し方を自分なりに考えていこうと思う
今日出会った言葉でした。

【2006/10/28 21:59】 | 未分類 | コメント(4) |
なずなちゃん中学校デビューしました!
中学校の総合の時間は3つの領域に別れており
私は毎年「人権・福祉」という領域を担当している。
今年は、一年生と三年生の総合の時間を担当している。

2・3年生は3つの中から選択した領域について
いろんな角度からアプローチするのだが
1年生にはすべての領域について10時間ずつ授業をする。
プロローグのような役割である。

今日、10月24日の授業で
今年の1年生の一回目の「人権・福祉」の授業のラストを
迎えるにあたり、「なずなちゃんの笑顔」の読み聞かせを通し
なぜ、人権・福祉をみんなは学ぶのかということそして
今生きているということを自分なりに考えてもらおうと思った。

hiromiさんのアイディアを頂いて、
生徒に配布するプリントに私の思いを印刷しておいた。

*配布プリントより*******************
 なぜ「人権・福祉」の領域を勉強するのでしょうか?
 それを考えたときにやはり一人一人の「命」を大切にするために
 「生きること」を大切にするために学んで欲しいと思うのです。
 この物語から中学生の皆さんが、何をどう考えるかは一人一人それぞ れですが
 その考えが一人一人の命のきらめきにつながってほしいと考えています。
 自分を大切にするということは周囲の人を大切にするということ。
 周囲の人を大切にするということは、自分を大切にすることになると思うのです。
 みなさんは、何を考えましたか?自分のことも含めてじっくりと考えてみてください。
*****************************

掲示したりしないので、自分の思ったことを書いていいよと話しました。
その中で、部活も水泳部の女の子がこんな感想を寄せてくれました。

 私の弟は障害を持って生まれてきたけど、今は、元気に成長しています。
 (途中略)
 弟は頭に障害があり、手術とかそういう障害ではなく、勉強とか少し遅れている感じ。
 少しはからかわれたりするときもあるけど、そんな障害でもがんばっているんだなあと私は思います。
 でも、障害とかそういうものは神様がくれたものであり、決して
 ダメなことでもなく、悪いコトでもないと思う。
 だから、障害など持っている人がいても、決して笑ったり、からかったりせず
 困っているときは助けてあげたりしていきたいです。
 だから、私は障害のことなどでからかっている人に分かってもらいたいので、
 障害について説明できる人になりたいです。
 この話を一文字で表すと「絆」だと思います。

という感想を書いてくれました。
作者の私はとってもとっても嬉しかったしこの女の子は心が育っていると思いました。
ご両親のことも尊敬します。

このクラスにはアスペルガーの生徒が在籍しています。
彼女の声かけがとっても自然だなあといつも思っていました。
うるさすぎず、でも必ず気に止めている感じ。
さりげないのです。

最後のまとめに、次に2年で勉強するまでに
自分なりに「障害」という言葉のについて調べてみたいとも
書いてくれました。
なぜ「障害」というのかということに疑問を持っているようです。
kakkoちゃんの「本当のことだから」を
プレゼントしようかとも考えています。


「なずなちゃんの笑顔」第2版は表紙をお色直ししました。
20061024223504.jpg


絵を描いてくれた三年の教室では2学期中に国語の時間を利用して
読み聞かせをしたいと考えています。

「なずなちゃんの笑顔」第二版もぽつぽつと売れて
残り5冊になりました。
みなさんの応援を心から感謝申し上げます。

11月は前回のお話会を聞き逃した方が中心になっての会と
地元の幼稚園の読み聞かせサークルのお母さん方の応援を得て
幼稚園でと2回絵本の紹介の機会に恵まれました。

またご報告申し上げます。

【2006/10/24 22:38】 | 未分類 | コメント(24) |
異国の風~♪
大学の研究室の後輩でタイの王立大学で
日本語教師をしているyukiちゃん。
最後の一時帰国ということで金沢に遊びにきてくれました。
(永住ではありません。帰国するのです。あしからず)

確か、初めて会ったのは昨年の10月だったような~・・・
でも、前から知っているような懐かしさがあるのは
どうしてかしら?
どうやら、彼女の母上ニポポ様と私が似ているらしい!と判明。

私は前にもましてニポポ様にお会いしてみたくてたまりません。
この日、たくさんのお土産と共に異国の風を運んでくれました。

駅近くでランチをした後は、
また行ってしまいました。宇吉堂さん。
たぶん、日本語を教える彼女にはおもしろい本屋さんかなと。

でも、娘がくっついてしまって
ゆっくり見られなかったかな。
また、帰国したらゆっくりみてね。

このお店の看板犬フェフェ

20061022083638.jpg


行くたびにどんどん、居心地をよくしている感じです。
この日は、玄関にかわいいのれんが登場。
うきちさんの手作りだそうです。

20061022083655.jpg


yukiちゃん、うきちさんといろいろお話ししていましたね。
お二人の姪っ子さんがタイにいるとか。

津波からもう2年以上経過するタイ。
そこで暮らす人々のこともお話しを伺いながら考えました。
良い絵本を作る方で、休暇で初めてプーケットに行かれて
亡くなられた方の話もうきちさんから聞きました。

タイでは「死」がとっても身近だという話も
日本と比べて考えました。

夏に映画をみてはまった「ゲド戦記」では
クモという魔法使いが死ぬのが怖くてあがいていました。
(いずれ記事にしたいと思っています。)
でも、死をおそれるということは
「今を生きることをおそれているのだ」という台詞があります。
日本人はひょっとして、この世を生きることを怖がっている?

話はそれましたが、狭い日本しかも一つの県でしか
暮らしたことのない私は
いろんな友達やつながってくださる人から
異国の風を感じています。


来週はカメリアーノさんの色鉛筆画教室に娘と二人で参加予定です。
私、小学校の頃から図工・美術の類が全然だめで
特に絵はまったくだめでした。
でも、大人になって描いてみるのもいいかなって思っています。

その後は、金沢ではおなじみの「MAPLE HOUSE」で
ゆっくりお茶タイム。
久しぶりに行くと、すっかりモダンな店に変わっていました。
紅茶シフォンと珈琲のセットを。

20061022083555.jpg


娘がベンチシートでぐっすり寝ちゃったので
時間の許すぎりぎりまで
結婚観や仕事観やいずれまたゆっくりと話をしたいような事を
yukiちゃんと話をしていました。

自分の知りたいことはとことん追究したいというyukiちゃん。
また、異国の風を運んでくださいな。
お待ちしております。
【2006/10/22 08:51】 | 未分類 | コメント(18) |
夕日の沈む
今日は、先日マロンさんと早朝に感激の対面をした
海岸の真横の学校へ出張でした。
(実は昨日まで知らなかった・・・爆)
時間的にそのまま帰ってもよいということで
思い立って、マロンさんが撮りたかっただろうけど
撮れなかった日本海に沈む夕日を撮りに出かけました。

このあわただしい稼業をしているこの数年に
こんなにのんびりした時間があっただろうかというほどの
時間でした。

テトラポットに腰掛けてぼんやり眺めながら
幸せを感じていました。
20061017210858.jpg


今日は何やら思っていることが100万倍になるとかの日だとか
OLIVEさんのブログで知ったのですが
↓こちらどうぞ
http://olive8843.blog57.fc2.com/

そのピークの時間が今日の午後5:10らしいです。
よく分からないけど、私はとにかく
その時間はしたこともないような行動を取り
一人で幸せな気分にひたっていたおめでたい人です。


20061017210921.jpg


いいよね~。
この学校に出張があったのも何かの縁ですよね。
10年ほど前に勤務していた学校なのですが
それ以来でした。

水平線に沈む前に太陽は雲の中に隠れてしまいましたが
とっても平和な気持ちのいいじかんでした。
かえりがけに砂地に咲くこんな花を見つけました。
みなさんは、この花ご存知ですか?

20061017210952.jpg


さ、もうすぐテストだ!!
がんばろっと!!
【2006/10/17 21:17】 | 未分類 | コメント(14) |
朋遠方より来たる  お店篇
マロンさんが来たら一緒に行こうと思っていたお店がいくつかある
その中から今回は3店(展示場所を入れると4店)ご案内しました。

車はどちらかを置いてほとんど一台で回りました。
初めは先日から何度となく訪れ、その都度新しい発見がある

絵本と石けんの店「宇吉堂」さん
20061015210638.jpg


今回は絵本の他にチェルノブイリの子供を救う活動の一部になるということで卵型のペーパーウエイトも連れて帰りました。
20061015210605.jpg


職場で使おうと思っています。
ここへ来て本を見せてもらいながら
娘の本のめくり方とか取り扱いも声をかけて注意をしてくださる
うきちさん。感謝しています。
母だけが言ってもなかなか浸透していかないけど
家に帰っても「うきちどうさんも言ってたでしょう?」って言うと
覚えていて気をつけています。

お昼はどうしよう?とおもっていたのですが
宇吉堂さんで「al&元気な野菜のっぽくん」の話が出たので
車を置く場所もたっぷりあるし
ここでランチタイムにしました。

20061015211223.jpg


本日一番の遠出は小松の山の中にある紅茶専門店
「イーストリバー」さん
マロンティーを前にお送りしていたことや
とても自然がきれいな場所なので
是非・・・・ということで参りました。

いろんなところでゆっくり楽しんだので
イーストリバーでの滞在は短くなりましたが
楽しんで頂けたか心配です。
今度は、半日くらい時間をとってでかけましょうね、マロンさん
20061015211538.jpg


玄関前の野いちごが真っ赤できれいでした。
星野道夫さんがとった写真を表紙にした
梨木果歩の本があるのですがそれを思い出しました。

20061015211826.jpg


残るはマロンさんの写真が展示されているベリーベリーカフェです。
moom-ponさん
fumifumiさん
mizuhoさん
がマロンさんと作品達に会いに来てくれました。
本当に本当にありがとうございました。

帰り際、しょうっちゅう会っている我が家の娘と
mizuhoさんのところのたっくんが楽しそうでした。

20061015212110.jpg


この後マロンさん夫婦は福井まで移動して芦原温泉に泊まられたそうです。
どうぞ、金沢での思い出が良い思い出でありますように。
いろんな場所に一緒にいてくれてありがとうね。
お土産にくださったあのフレーム、とっても嬉しかったです。

きっと、また来てね。

【2006/10/15 21:23】 | 未分類 | コメント(19) |
朋遠方より来たる  浅野川散策篇
金沢には男川と呼ばれる犀川と女川と呼ばれる浅野川があります。
浅野川は今でも、朝5:00くらいから友禅流しをしていて
生活排水の出る7:00には引き上げているようです。
大学生の頃大会で早く学校へ行かなくてはいけないときに見かけたことがあります。

その浅野川は東山の真横を流れています。
ほとりには徳田秋声記念館もあります。
下流のほうには泉鏡花の記念館もあります。
文学と文化の町です。

その浅野川に梅ノ橋という木造の欄干を残す橋があります。
そこの付近を散策しました。
20061015195552.jpg

*遠くに見えるのはマロンさん!!

欄干でマロンさん夫婦と娘が何やら話しております。
すっかりマロン夫婦になついてしまいました。

20061015202512.jpg


この後、大通りに出たら
昨年の秋にできたばかりの
七尾一本杉通りでおなじみの「白井昆布」さんを発見


スウさんから東山に行くことがあったら是非二階のギャラリーをみてごらんと言われていたことを思い出しました。
20061015202729.jpg


これ海藻を押し葉にした野田三千代さんの作品
10月19日(木)には
特別紅茶として
「海の森とせいめいのれきしの不思議」というお話しあります。

正直に言って、ここまできれいだとは思っていませんでした。
一気に野田さんの作品の虜になりました。

ポストカードではお伝えしきれませんが見てください。


20061015203124.jpg


20061015203137.jpg



20061015203151.jpg


20061015203205.jpg


以上四枚の中から先着二名さまにこの「海藻の押し葉ポスカ」を
プレゼントします。非公開コメントでメールアドレス付きでご応募ください。
どれがいくかはお任せいただけますか?

とっても楽しかったこの日の思い出を少しですが
お福分けいたします。
20061015203726.jpg

【2006/10/15 19:51】 | 未分類 | コメント(7) |
朋遠方より来たる  金沢東茶屋街篇
9:30分に待ち合わせ場所で合流

旅番組で必ずと言っていいほど取り上げられる
「東山」にご案内。
学生時代によく訪れた場所です。
一本裏に入った「ゴーシュ」という喫茶店では
語りの舞台をしたこともあったっけ。

20061015153136.jpg


昔の茶屋街をそのまま残しています。
本物の芸者さんも健在です。
茶屋もまだ存在していますし、町をあるけば三味線の音が。
小京都といった風情が楽しめる場所です。

20061015153153.jpg

20061015153305.jpg


資料館として開けている場所もあれば、普通に民家として住んでいる家もあり
お店もあれば、民宿もある
この町はそんな町です。
マロンさんがどんな視点で写真を撮ったか楽しみにしています。
私はあんまりたくさん撮りませんでした。

オススメは加賀藩に献上していた「加賀棒茶」
茎茶です。とってもおいしいのですよ。
茶房「一笑」さんでこうにゅうできます。
私の母がここのお茶のファンなのですが
どこででも購入できないので、行ったら買ってきます。

20061015153220.jpg


同時に「香りの小箱展」を開催していました。
義母は香り物や飾り物が好きなのでお土産はこれにきめました。

20061015153244.jpg


私もすっかり観光客になってしまいました。
【2006/10/15 15:40】 | 未分類 | コメント(8) |
朋遠方より来たる 徳光海岸篇
20061015151858.jpg

10月13日(金)の夕刻
明日はマロンさんがくる~♪と見上げた夕空です。

早起きシスターズを名乗る私たち
マロンさんが、「石川についたわよ~いま海岸をぶらぶらしています。」と
連絡をくれたのは、朝6:00前でした。
どこで休憩するかは聞いていなかったのですが
海岸だったらとっても近いわ!!と
まだぐっすり眠っている我が家の二人をおいて海岸へひとっ走り


20061015152234.jpg

もすすぐ昇ってくる朝日のきらめきで
雲が光っていました。

マロンさん、まさか朝日が日本海から昇ってくるとは
思っていないよね?
海に向かってカメラを抱えていたらどうしよう?なんて事を
考えながら展望台にあがりました。
人はそんなに多くはなかったので
マロンさん夫婦とはすぐに合流できました。

どうやら日付が変わるか変わらないかという頃に西宮を
出発してきたようです。
さすが、早起き姉さん。
朝ご飯のお弁当も持参ということで素晴らしい。

旦那様と本日の本格デートの待ち合わせ場所を確認して
私は7:00オープンパン屋さんで朝食を購入して帰りました。
帰りがけに山手から昇る朝日を撮ってみました。
20061015151924.jpg


7:00過ぎに我が家に戻ると
私が出て行ったことも知らず、
二人はまだまだぐっすり夢の中でした。
私は、楽しみにしていた1日がはじまるぞ~と
ワクワクしていたのでした。
【2006/10/15 15:28】 | 未分類 | コメント(8) |
non's houseさんへ行きました
プレゼントの先生nonさんのいる町に
この連休に出かけました。
父ちゃんの運転する車でとっとことっとこ

ブログでしかお邪魔したことのなかった
nonさんのお店についたのは午後2時過ぎ
大渋滞に巻き込まれて父ちゃんへとへと
腹ごしらえをした後は車でお昼寝タイムとなりました。
娘はその横ではしゃいでいたらしいけど・・・
20061010222201.jpg


お店は、本当にとってもかわいらしい物がたくさんあふれていました。
父ちゃん一言「母ちゃんの好きそうな・・・」と言っておやすみモード
20061010222342.jpg


この日、この中に一目惚れで連れて帰った子がいます。
車で来たからなせるわざ・・・。
今、私の大切な場所にきっちりと収まっております。

20061010222108.jpg


どれだと思います?
20061010222605.jpg


次の日、この梱包を開けるときのわくわく感。
たまりません。
最近、家の物を整理しているのですが
この中には、特に大切なもので見ていて嬉しい物を入れます。
20061010222550.jpg


その他のものもこんな風にかわいらしくラッピングしてくださったので
開ける前に記念撮影。

20061010222851.jpg



全部自分の為の物です。
でもね、nonさんのところで久しぶりにいろんな創作意欲が湧きました。
今年は、特に忙しいので以前みたいに展示会とかは
絶対に無理なんだけど、楽しんで一点一点作ることなら
できるかなって思いました。
こんな風に思えるってうれしいなあって思います。

ガラス棚も一目惚れだけど、これもすぐに決まった子がいます。


20061010222906.jpg


いつも鞄にいろいろぎゅうぎゅうに入れてしまう私だけど
この鞄には軽くふんわり気分で持ち歩きたいなあ。
大好きな物が二つ並んでいるので、とっても嬉しいな。

他に、いろんな細々とそそられるものがありました。
もう、1日中でも私はいられるかも~と思えるような場所でした。

20061010222123.jpg


父ちゃんありがとう。
私のわがまま聞いて、こんなに遠くまでつきあってくれてありがとう。
次に来るときは、電車で来た方がよさそうだなあって思いました。

昨年は、この明石海峡大橋を通って徳島にも連れていってもらったんだった。
一年に一度、ほとんど私だけのための遠出につきあってくれる
父ちゃんとひろっちに感謝しております。

20061010222140.jpg


昔、大学生の頃大好きな毛糸屋さんが店をたたむということを聞き
夜行で東京へ初めて一人で行ったときのことを思い出していました。
突然、人から見ると無謀とも思えるような行動をとる私だけど
それにつきあってくれる家族ができたんだなあとしみじみ・・・
大切にしなくちゃね。
そして、そんな気持ちになることがあるって
私にとってみたら生活の潤いでもあるんです。

それにしても明石日帰りの旅は少々ハードでした。

今週末はこちらに来てくださる西宮のマロンさんとも
半日をおしゃべりしながら過ごすことができました。
遠い地に住む友と一週間2度も会えるなんて嬉しいなあ。
マロンさん、ありがとうね。

【2006/10/10 22:27】 | 未分類 | コメント(20) |
恩師あらわる
私たちの世界では一年に一度
教育委員会に授業を公開しなくてはいけません。
今年の私の公開授業は10月6日でした。
その時にやっている教材なので
今年は3年生なので「和歌」の授業でした。
みなさん、和歌好きですか?

中学生のみんなは古典を竹取物語からはじめ
2年では平家物語、3年では和歌とおくのほそ道をします。
私、万葉集が大好きです。
あのおおらかさと素朴さとストレートな感じが大好きです。
でも、中学生にその感じを味わってもらうには・・・・と
日々悩み続けて3週間ほど。
公開授業の時にそのまとめの授業になりました。

自分が好きな和歌一首を選んでなぜ好きかという理由と共に
現代に置き換えたらどんな情景になるか
自分のリアルな言葉に置き換えて考える・・・・そんな展開。
中学生はすごいのです。
まとめの感想なんかは私が思っているより
しっかり和歌の世界に迫っています。
「こんなスピードを求める現代にこの和歌のような
 後生にのこる作品がこれから生まれるのだろうか疑問だ」なんて
感想もありましたよ。

ところで・・・国語の担当官が視察に入るのはよく分かっていました。
ところが授業がはじまってしばらくして
私は目が点になりました。
自分の中学時代の水泳部の顧問がそこに立っているではありませんか。
うう~む。冷や汗たらり。
先生は私が今日授業をするって当然知っていたとのこと。
ふいうちをくらって授業のある部分がすっとんでしまいました。
まだまだ修行の身の私です。

とても怖くて優しい先生でした。
授業中にもかかわらず、「こんにちわ」とご挨拶。
にっこり微笑まれました。

写真は他の国語の先生の授業風景を撮影中にまたまた遭遇したので
隠し撮り。あやしいね。

実は、リンクにもある「農園日記」のシン君もこの先生に習っていることが
先日判明。
今年も内川で楽しいことやるから遊びにおいで~と
誘ってくださって去っていきました。
いくつになっても先生はやっぱり先生でした。

20061007080100.jpg

【2006/10/08 04:18】 | 未分類 | コメント(15) |
ミニオフ会?
マロンさんの写真展示「煌めきの時間~とき~」
外から見るとこんな感じで
お店の一番手前のスペースです。
20061007080001.jpg


ぼけぼけ写真でごめんね。
さっと取り出してぱっと撮るのでこんなになっちゃって。

14日(土)午後5:00~7:00まで
マロンさんがカフェにいます。
この日、たまたま8:00~ここで結婚式の2次会をする人がいるため
飲み物しか用意できませんが、どうぞとお店の人。
珈琲やジュースを飲みながらマロンさんの作品と一緒に
マロンさんとお話ししたい方はこちらにどうぞ。

この日、マロンさんの展示の下の机にだけ
よかったらコメントくださいのノートを置かせてもらいにいきました。
なので、もし行かれましたらマロンさんに一言書いてきてね。
どんな方がどんな風に書いてくださるか
カフェの方も
「ここに座られた方にはオススメしてみますね」と
嬉しい言葉。
離れていての展示は反応がダイレクトに伝わらなくて実感ないものね。

この日は、一人で「レアチーズパフェ」を食べました。
20061007075944.jpg


一人だったのでカウンターに座ってカフェの方の仕事の合間にお話しもしました。
「どうやってこんな風に遠くの作家同士が知り合うのですか?」と
質問されました。
ネットの世界は不思議だよね~。
でも、ネットで知り合ったけどマロンさんは私にとったら
もう活字やデジタルの世界の知り合いではなくて
生身の体温のあるおつきあいの友人に変わっています。

昨日もそんな友人達がこれまた私の大切に思っている人のライブに
三人で出かけたそうです・・・。
人の輪って奥が深い・・・。
【2006/10/07 08:12】 | 未分類 | コメント(8) |
本でほっとの会
10月1日(日)
ゴジラ松井の故郷にある公共図書館で
2ヶ月に一度開かれている
「本でほっとの会」に参加してきました。

今日のお題は
「ブックトーク&好きな本の紹介」です。

初めに三人の方の模擬ブックトーク実演です。
あっ、その前にこちらでは国語教育の第一人者の
深川先生からブックトークについての講義。

例えば・・・・
「ブックトークする時の留意点」
1・自分の好きな本、子供達に読んでほしい本を紹介する
2・作品の味を損ねないようにする
3・子供達に人気のある本はあえて紹介しない
4・子供達の反応を入れながら紹介する
5・地味な本をどんどん紹介していく

などなど
小学校の先生や図書館司書の方が多い会だけど
中学校勤務の私にも充分参考になります。

模擬ブックトークは三名の方

20061004213046.jpg


お一人目
テーマ「プレゼント」
「ハッピーバースディ」の大きな人物相関図をホワイトボードに
掲示されて、注目を集めました。
本の流れは
1・「ハッピーバースディ 命かがやく瞬間」あっ私のタイトルと同じ!!・・・青木和雄作
2・「ひ・み・つ」たばたせいいち作
3・「ヨーンじいちゃん」ペーター=ヘルトリング作
4・「遊んで、遊んで、遊びました~リンドグレーンからの贈り物~」
  ジャスティーン・ユンググレーン著
5・わらべうた 「えんやら桃の木」
6・「にゃーご」 宮西達也 作絵

 
20061004213027.jpg


お二人目は小学校の現役図書館司書の方
テーマ「手紙」
2年生の教科書に出てくる「ふたりはともだち」をとっかかりに
手紙関係の読み物から歴史をひもとく本間で幅広く紹介
個人的に私は一番おもしろかったのがこのブックトークです。

本の流れは
1・「ふたりはともだち」☆  アーノルド・ローベル作
2・「めんたんていネート 忙しいクリスマス」☆
              マージョリー・W・シャーマット作 
3・「ぼくのポチブルてき生活2 もりにてがみを かいたらね」☆
              きたやまようこ作
4・「ぺちゃんこスタンレー」 ジェフ・ブラウン作
5・「拝啓・手紙です たくさんのふしぎ傑作集」 天野祐吉作
6・「絵てがみだいすき」 土屋淑子作
7・「きょうはなんのひ」 瀬田貞二作

☆はシリーズ物で、誰かが借りていてもこっちはどう?と
貸し出せるようにシリーズ物を紹介するそうです。

時間と対象学年によって
・「コアラのゆうびん」 斉藤洋作
・「フェリックスのてがみ」 あねって・ランゲン作
・「どんぐりとやまねこ」 宮沢賢治作


 
                 
20061004213007.jpg


三人目の方は
テーマ「いのち」
タイトル「いのちのつながり」

1・わすれられないおくりもの  
2・野日記
3・えぞまつーうけつがれる いのちのひみつー
4・せいめいのれきし

*はてしない鎖の輪の歴史です。さあ次はあなた方の番です
というフレーズが最後にありました。

ここまでブックトークが進んだところで
深川先生が私に
「なずなちゃんの笑顔」の紹介をどうぞ!とつないでくださいました。
会のみなさんにほんの短い間でしたが、
大筋の物語と本ができあがった経緯をお話させていただきました。
会が閉じたところで三人の方が
絵本を購入してくださいました。

なずちゃんがまた私のしらない町へと旅を始めました。
どんなつながりができあがっていくのか
じっくりゆっくり見守りたいと思います。

とっても勉強になった「本でほっとの会」でした。
【2006/10/04 21:40】 | 未分類 | コメント(10) |
シリトリアート展バトンタッチ
「なずなちゃんの笑顔」の原画を飾ってくださっていた
ベリーベリーカフェでの「シリトリアート展」
今月はなずちゃんの絵本の中に使われている写真を
3枚撮影してくださっているマロンさんです。

ご本人が遠方で確認ができないので
私がひとっ走り確認してきましたよ。
ちゃんと飾られておりましたよ。

20061003183110.jpg


私が「命輝く瞬間~とき~」だったので
マロンさんは「煌めきの時間~とき~」というタイトルでした。
小さな植物や動物、町並みの命の煌めきに心を通わせた作品。
とってもいい感じでしたよ~。

初めての展示と言うこと、しかも現場が確認出来ない状況で
不安も多かったと思います。
バトンを受け取ってくださりありがとうございました。

20061003183124.jpg


このうように、作品の下でお食事をすることができるカフェです。
今日は、オープンと同時だったので
準備を終えたお店の方が
「こんな感じでいいですか?」と迎えてくださいました。
20061003183044.jpg

20061003183139.jpg


どうぞどうぞ、お近くのいや遠くでも来てみたいと思われる方
ベリーベリーカフェへ足を運んでみてはいかがですか?
マロンさんの生の作品をみることができますよ。

ちなみに来月は一個前の記事にアップした
「キリン玉」に上手に命を吹き込むmeichonママさんの作品に
バトンタッチされます。
「き」からはじまるタイトルです。
何に決まるのかな?
毎月毎月楽しみだなあ。
【2006/10/03 18:38】 | 未分類 | コメント(15) |
愛しのキリン玉
最近お友達になったmeichonさんのブログに
めちゃかわいい「キリン玉」の写真がアップされています。
で、二人の共通の友人OLIVEさんに私はおねだりして
キリン玉が我が家にやってきた。
制作はKさんという方がなさっているそうです。

20061001205258.jpg


前述の宇吉堂さんで一目惚れで購入した
絵本の挿絵のマッチの箱に入れてみた。
meichonママさんのようにかわいくはとれないけど
大好きなものが二つそろっているだけでハッピーな気分。
で、わたしはどちらかというと
創作意欲の方に火がつきました。

何かできるといいなあ。
この顔見てたら頬が
にへら~ってゆるむのですよ。

最近職場の女子職員がへばっているので
キリン玉を一人ずつ
「一緒にがんばろう」メッセージと共に机に置いてみた。
みんな「なんやこれ~かわいい~」って和むんだよ。
全部私の子にしたかったけど
ちょっと、職場のみんなを元気づけるのに
一役かっていただきました。

キリン玉は魔法使いかもしれませんよ。
【2006/10/01 20:57】 | 未分類 | コメント(2) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。