スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
卒業式前に考えたこと~長文ですが・・・~
みなさんに「紫の袴姿アップして!」と言っていただき
おそれ多くも自分の姿をアップしました。
思い入れたっぷりの卒業式当日の写真です。

実は、卒業式前にとっても私にとっては
大きな生徒との心のふれあいがありました。

卒業式3日前は公立高校入試の日。
推薦組は午前中はクラスの掃除をして
11時くらいには帰って行きます。
「まだ、受験している子もいるんだから外に出るなよ!」と
言っていつも帰します。
それなのに、その日の夕方一人の男の子の母親から
「帰っていないんですけど」という電話。

もう、涙が出るほど心配しながら
季節はずれの積雪の中
車を学校へと急がせた。
彼の母とは携帯で電話を取り合いながら
心当たりの家に連絡を分担してかけまくっていた。
ほどなく「いました」の連絡。ほっとした。
翌日、彼とは答辞の練習をすることになっていた。

高校入試二日目
無事に全員が校舎内に入ったことを確認し
学校へ引き返し昨日の彼を速攻で呼んだ。
職員室へ入って、私の前にたって私が
「一体どういうことやったん?」って一言
言うか言わないかに

「昨日は、本当にご心配をおかけしてすいませんでした」と
頭を下げた彼はもう泣いていた。
(あ~あ、もう泣かしてしまった・・・)

事情を聞く前に
事情が正当であろうとなかろうと伝えておかなければ!と
「どんなに心配したか」ということ
私でさえ、信号が青になったのに気づかないくらい
動揺したのだから
お母さんはなおのことだよと・・・

実は彼のお母さん、今年に入って
彼を連れて家を出ました。
看護士をされているので、忙しいし
だから、なおのこと彼のことを心配しているということも
「わかる?」と確認しながら伝えました。
そして、お父さんとどんな関係になろうと
やはりお父さんもあなたのことを
心配している存在だということも忘れないでと伝えました。

彼はうなづきながら、何度も涙をぬぐっていました。
一通り、怒鳴るのではなく言って聞かせてから
「で、どうしてあんな時間まで?」と聞くと
今度は私が泣かされてしまいました。

昨日は、受験が終わっている合格内定組は午前で
学校が終わります。
給食ももちろんありません。
だけど、彼は今は校区外に住んでいて
お父さんの家で母を待つことになっていたようなのです。
だけど、そこにいっても食べるものもなければ
勉強道具も自分の持ち物もない・・・
だけど、夕方お母さんが迎えにくるまで
その、自分の家のようで、自分の居場所のない家に
いなくてはいけないと思っただけど
淋しくてたまらなくなり、
部活の友達の家にそのままついていき
お昼もごちそうになり、そこで答辞の清書をしていたらしいのです。
そして、雪の中とぼとぼと6時半の真っ暗の中
歩いてその家に帰ってきたところをお母さんがみつけたのです。

そういった彼はもう泣きじゃくってしまって
私は15才のおっきな男の子を職員室で
抱きしめて頭をなでてしまいました。
彼は抵抗しませんでした。
されるまま、撫でられていました。

他の先生もその様子をみてみぬふりをしながら
泣きそうになったといっていました。

「今までも何度も淋しいと思ったことあったんでしょう?」って
いうとうなづいていました。
「淋しい」って言っていいんだよ。
言える人には言っていいんだよって言いながら
もう、後2日で卒業というこのタイミングで
彼とこんな風な時間をプレゼントしてもらったんだなあって
感じました。

今から、母と子二人の暮らし・・・
看護士さんだもの、夜勤もあります。
そんな夜、高校生だって一人は淋しいだろうな。
「でもね、親を恨んじゃだめだよ。何にも始まらない。
あなたの良い人生を歩きなさい」って話しました。

「どうせ、おれなんか!」って思いがちな彼でした。
それでも、たくさんの魅力にあふれている彼でした。
パーソナルポートフォリオをどうして私がしていたか
自分を好き、みんなもあなたを認めているよって
言葉を一人一人に形にして持たせてあげたかったんだよって
話をしました。

いつだって、淋しくなくったって
話し相手くらいにはなれるから忘れないでねって
言ったら、彼はうなづいて少し笑いました。

正直すぎるくらいの彼なんだけど
それは、いろんな感情を味わってきたからなんですよね。
その一部だけをみて
「あの子は変だ!}って教師が決めつけないように
気をつけなくちゃね。
彼は、教師としての私に
そして、親としての私に大きな贈り物をくれました。

その後、二人で答辞の練習をしました。
晴れの舞台です。
しっかりがんばれ!
みんなを感動で泣かせるくらいの答辞を読みなさい!!
と励ました。

「今日はお昼ご飯大丈夫?」って言ったら
「大丈夫です。」と答えました。
さようならって一人でまたお父さんの家に帰っていきました。

今、彼はどんな高校生活を送っているのだろうか。
遠くに住んでいるから
そう簡単には学校には顔を出さないだろうな。

今日は、この彼と一緒に卒業した男の子の母親が
交通事故で亡くなったという訃報が飛び込んできた。
あたりまえではない家族がそろっているということ。
そんな中で一生懸命生きている子供たちがいる。
そんなことを少しでも受け止められる教師になりたいと思う。

そして、我が娘にそんな思いをできればさせたくないと思う。
スポンサーサイト
【2007/04/28 21:37】 | 未分類 | コメント(10) |
紫の袴
初めて3年間持ち上がった生徒たちの巣立ちの日
私は紫の袴でかれらの名前を読み上げました。

前日まで季節はずれの雪が積もっており
これじゃあ、無理ね・・・と思っていたのですが
午後に奇跡的にお日様が顔を出し
玄関前の雪をすべて溶かしてくれました。

そういうわけで実家の母にお願いして
着付けてもらいました。
朝、娘にとってもらった写真です。
20070425203954.jpg


卒業式では担任が生徒の名前を一人ずつ読み上げるのですが
どたんばで、私のクラスの途中でマイクが切れちゃったんです・・・
となりで教頭先生が「地声で叫べ!!」って
言うので、渾身の力を振り絞って
体育館で叫びました~
焦りました・・・・

思いで深い生徒たちの卒業式
さぞかし泣くだろうと思っていたのですが
結局、式の途中では泣かず
教室に行ってから、みんなの顔をみて
卒業証書を渡しているときに涙があふれました。

彼らから真っ白なお花をもらいました。
真っ白なバラとレースフラワー
花言葉は「尊敬と感謝」
花束は大切な花屋さんカリテスさんに
生徒たちが注文してくれました。

リーダーの指導係だったので
担任なのですが、各クラスのリーダーをつれて
花束の注文に行ったのは私です。
でも、注文をしている様子をみて

「~先生はおなかに赤ちゃんがいるのでかわいらしく」
「~先生は渋く」・・・と注文する中で
「由美子先生は真っ白で!」という注文

カリテスさんが目を見開きました
そして、白い花は尊敬する人に贈る物なんですよと
教えてくださいました。
彼らは知らずに選んだんだろうけど
嬉しくて嬉しくて大切に家に飾りました。

こうして、3年間大切に育てた生徒たちは巣立っていきました。
みんながんばれ!!
私もがんばっているよ~!!

【2007/04/25 20:40】 | 未分類 | コメント(12) |
楠木(くすのき)学問
小学校の前にはお茶目なくすのきさんがいます。
校門のすぐ脇に
「くすのき」という看板とともに
木の幹にめがねと口ひげがついているのです。
木にはぜったいに精霊さんが宿っているはず
木の幹に手をあて「どうかひろっちを見守ってください」と
お話してきました。

「楠木学問」って言葉をご存じですか?
くすのきは年輪と年輪の幅がせまいそうです。
つまりとっても成長が遅い木なんだそうです。
だけど、確実に年輪を重ねて大木に成長するところから
すぐには身につかなくても確実にせいちょうするような
学び方をこう昔から言っていたということです。

私は一夜漬けタイプではありません。
覚えるのに時間がかかり回り道するタイプ。
でもかなりしつこく記憶するタイプ。
だから、大学の頃一生懸命学んだこと
いまの仕事に生きているなあって実感します。
この言葉を聞いたときに嬉しくなっちゃいました。

娘の通う小学校へ一緒に歩いて行って来ました。
校門に大きなくすのきがあって
お茶目にも幹に水中めがねのような目と
口ひげがついていました。
そうしたらこの「楠木学問」という言葉を
思い出しました。

「まっくろくろすけがきっといる木だね」なんて話をしながら
わたしは
「どうぞ娘を見守ってください」とお話しました。

この小学校は我が妹あゆぞうちゃんの母校
(私の時はなかった・・・・)
このくすのきはそのころからあったのかな?


*写真のサイズの下げ方がこのPCでまだわからなくて
 画像がのせられません。
 言葉だけで、すいません。
 そのうちきっとのせますね。

【2007/04/08 09:18】 | 未分類 | コメント(13) |
復活!!
PCが応急処置を終えて戻ってきました。
でも、どうしょうもない部分もあるので
新しい子が我が家にやってくることになっています。
このPCは超基本的なことをカバーして
PCなくて困っている私のところへ帰ってきました。
メンテを一手に引き受けてくれているのは
妹あゆぞうちゃんのダーリン。
某IT企業におつとめです。忙しい彼にこんなことを
おねがいしてしまっているのですが、感謝です。

写真もいっぱい!
話題もたまっています・・・・徐々にタイムスリップで
お届けさせてください。

かわいい3年生も巣立ちました。
私は紫の袴をはきました。

そして、今年は1年生の担任&特別支援教育に関わることになりました。

これからもどうぞよろしくね。
近況報告&復活のお知らせでした。
【2007/04/03 06:52】 | 未分類 | コメント(14) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。