スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
震災から学ぶ2008
椿


今朝、阪神淡路大震災から14年目の朝を迎えました。
昨日の道徳の時間を使って、
「震災から学ぶ」という授業をしました。
震災がいかに大変だったかということを伝えるのではなく
そこから何を私たちは考えるかということを語りかけてみました。
今年の1年生はちょうど震災のあった年度に誕生した子どもたちです。
この大きな震災を「30年くらい前のことだと思っていた。」
という生徒が少なくなかった。
その事実に私の方が驚いたほど。

(クラスに向けて書いた通信より)

「あれから13年が経つんだね・・・・」
そんな言葉が最近聞こえてくる。
みんながまだ生まれたての赤ちゃんだった頃
なかには、まだこの世に誕生していない時に
日本は大震災に襲われた。

平成17年1月17日 午前5時46分のこと。
経験したことのないような揺れを石川県でも感じた。
それからの数日のTV報道では、
信じられないような映像や報告ばかりだった。
死者の数が次々に増え、関西に友人の多い私は、
心配でたまらなかった。

幸い、私の大切な人達で命を落とした人はいなかったが、
その後、避難所での暮らしを余儀なくされた友人がいた。

そんな経験をした友人に
「この震災で学んだことはありますか?」
「後に伝えたいことはありますか?」と尋ねたら
それはただ一つ
「命の大切さと重さ」を伝えたいとのことでした。
みんなはこの震災の年に偶然にも誕生した「命」
何年経っても覚えていてほしい。



授業では、被害にあわれた方の手記を二例取り上げて話をした。
一つは、長田区で生き埋めになった母を火災により亡くした女の子を
必死に家から引き離し、助けた警察官が書いた手記。
もう一つは、神戸の大学在学中の息子さんを亡くした
石川在住のお父さんが10年後に我が子に語りかけた手記。
(追記に掲載します。)

震災は大変なことだったけど、
「かわいそう」とか「自分たちは被災しなくてよかった」
ではなくて、そこから学ぶことをみんなに問いかけた。
それは、被災していない私たちの命も
わたしたちは、自分一人で誕生したわけではないし、
守られてきたわけではないということ。
ましてや、自分から命を絶つことだけは、
これから先も絶対にしてほしくないと語った。

後半、この震災の手記を通して自分と家族を思い、
両親に手紙を書こうと取り組みました。
その中から、ある女の子の手紙をここに取り上げます。

「両親へ」
じぃちゃんとばあちゃんが出会い、三人の子どもを産み、
長男が早くも私の「お母さん」と呼べる人と出会い、
長男は「お父さん」と呼べる存在になり、
二人の間に生まれた一つの命は短い間だったけど育てられてきました。
二人が別れ、「お父さん」が育ててくれた。
いつのまにか「お母さん」はばあちゃんになっていて、
無理して欲しくない身体なのに、育ててくれて、今では感謝しています。

お父さん、お母さん今さらですが、私に命をありがとうございます。
本人の前じゃなくて、ごめんなさい。
お父さん、恥ずかしいという理由もあるけど、
生きているうちにありがとうといえなくてごめんなさい。
でも、育ててくれてありがとう。
お母さん、まだ、見ぬ人だけれども、
あなたが私を産んでくれたおかげで、ここまで成長しました。
まだまだ成長が足りないけれどがんばります。
そして、命をありがとう。
ばあちゃん、じいちゃん、お父さんを産んでくれてありがとう。
私のばあちゃん、私のじいちゃんでいてくれてありがとう。
私は毎日必ず一生分の「ありがとう」と思っています。
これからも支え合っていきましょうね。
                                                                                   K.M.

彼女は現在両親がいない。
祖父母との三人暮らしである。
母とは小さいときに別れたようで、父は昨年病死した。
そんな彼女が、初めて父・母に感謝の言葉を表現した。
両親が揃っている生徒には重すぎるとさえ感じられる
授業だったかも知れないが、
この一人の女の子がこんな風に思えたらそれでいいと
私は思えた授業でした。

彼女にも光は差す。
どんなにつらくても生きていてほしいと心から願っている。
日差し


神戸の大学に通う息子さんを亡くされた父の手記を
読んでみようと思われる方は続きをごらんください。
2年前に旧枕草子に一度掲載したことのある手紙です。
続きを読む
スポンサーサイト
【2008/01/17 19:02】 | 未分類 | コメント(3) |
季節ハズレのサンタさんはいかが?その2
その1では、サンタさんの体の核になる部分を作りました。
後半は細かいところを造っていきます。

このサンタさんが一枚の折り紙で折られているなんて、
信じられません。
でも、本当なんです。

英語サンタ


私の職場では、英語の先生に差し上げたら
すぐにクリスマスカードに仕立てて
掲示していらっしゃいました。

それがなんともかわゆかったです。

私は教室の掲示に使いました。
教室サンタ


では、後半をどうぞ~


続きを読む
【2008/01/05 07:37】 | 未分類 | コメント(6) |
季節ハズレのサンタさんはいかが?その1
昨年の12月にこんなかわいいサンタの折り方を習いました。
それから、我が家ではよなよなサンタ制作

完成サンタ


一人折るのに、最初は15分くらいかかったんですが
最後はその半分くらいで折れるようになりました。

父ちゃんも教えてというので、
「こうやろ~そして、次はこう!」って言いながら
頭をつきあわせて真剣にサンタを折る大人二人・・・

そして、父ちゃんに届いた年賀状には
「また折り紙を教えてください」の同僚の先生からの一言
私も父ちゃんも周りに広めてる~笑

そういうわけで、
どこまで分かるか、不安だけど
折り方を一挙公開~写真がたくさんあるので
挑戦してみたい方は、続きをお読みください。

では!!どうぞ~
続きを読む
【2008/01/05 07:11】 | 未分類 | コメント(8) |
2008年 子年はじっとしていること
正月の花


明けましておめでとうございます。
やっぱり、三が日の間に
ごあいさつしなくちゃね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

2005年1月3日に、おそるおそる自分の考えを表現する場所として
ブログを書き始めました。

過去ログ「由美子流・枕草子」

それまでは、娘の成長を忘れないために
もっぱら「ひろっち日記」が中心だったのです。
この、「自分の場所」を作ってから、
たくさんの人に出会い、後押ししてもらい
いろんなことにチャレンジしてきたなあって
あらためて思います。

毎年恒例の白山さんでのおみくじは「末吉」
しかも、いろんなことがうまくいかず、争いがおこる
じっとしていなさい。
というような、おみくじでした。

30代最後の年です。
腰をおちつけて、一番身近な自分の場所を
しっかりと固めていきたいと思います。

ブログもぼちぼちですが、続けていきたいと思っています。
どうぞ、みなさんこんな私ですがよろしくお願いします。
【2008/01/03 21:04】 | 未分類 | コメント(7) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。