スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
パーソナルリングって感じかな?
自分の思いを伝え、かなえてもらう
このリングの作者は「わがままリング」と命名し
この私の手元にきたリングで32パターンのリングを
生み出している。
それぞれのリングをそれぞれの人の手元へ届けている。

わがままリング2


既に私はこれまでに2種類のリングを作ってもらっているが
どちらも
時々、大切につけている。

このリングのことを気に入っている一つの理由は
大きな「しずく~滴~」がついていること。

3つ目の今回は、「自分へのごほうび」にと
指につけるリングより、胸元を飾るリングを重点として
お願いをした。
ただ、欲張りにも「指にもつけることができたら嬉しいな~」という希望も
お伝えした。


ずっと、この「しずく」がゆらりと揺れているリングにならないかと
思っていた。
形も色もとってもかわいい仕上がりのリングたち。
一つ、ずっと願っていたのは「しずく」が柔らかい動きをすることである。

だんだんに私の願いを聞いて、
わがままというより、一人一人の思いをくみ取り個性にあふれた
「パーソナル」の言葉がぴったりのような気がしている。

お天気に恵まれた休日を待って
我が家の庭の青葉の茂る紅葉の枝にかけて
写真を撮ってみました。

とっても透明感のある、これからのシーズンにぴったりの
ペンダントが私の手元にやってきました。
私が身につけているのを見かけたら
どうぞ手にとってみてくださいね。

*これで3作目のリングです。
 それぞれのリングの写真や思いでは過去に記事があるので
 よかったら、のぞいてみてください。

1作目


2作目
スポンサーサイト
【2008/04/29 08:24】 | 未分類 | コメント(6) |
つながりたい気持ち☆つながりを求められる現代
定期的にやってくる、わたしの気持ち
それは、誰かとつながりたくてたまらない
メールでも手紙でも電話でもいいのだけど
無性に誰かとつながっている感じを確かめたいときがある。
最近、自分の中ではそんな感じがある。

私の日記もブログも携帯メールもそうである。
無性に表現したくてたまらない
自分の中だけでは押さえきれずに
誰かに聞いてもらいたくなる時がある。

そして、幸いにも私にはその気持ちを聞いてくれる仲間がいる。
一人一人、私にとったら人生を生きていく上での仲間かな。
とっても近い関係の時もあるし、何ヶ月も音信不通の時もある。
それでも、お互いに必要としているときには
すっと不思議に寄り添い語り合っている。

いちなさかさん・あゆちゃん演奏


バイオリンを演奏するAちゃん
彼女はただいま高校1年生。
Aちゃんママとはこの先きっとずっとおつきあいがあるだろうなと
そんな感じがしている。
Aちゃんとひろっちは年が離れているけれど
かなり感覚的には似ている面も持っているようである。
お互いに一人っ子の二人は年の離れた姉妹のようでもあると
母の私は勝手に思っている。

今年に入って、私の大切なお仲間に立て続けに
我が校に講師として入っていただいた。
昨年の暮れにはAちゃんママにも・・・
シン君先生


もず農園のシン君
「無農薬農業から見えてくる環境」について

まみっち先生


まみっちさん
働く人に学ぶ会「美容師」の講座

mizuho先生


mizuhoさん
働く人に学ぶ会「TV制作・マスコミ関係」の講座

それぞれの人がそれぞれの立場でプロとして
中学生にまっすぐに語りかけてくださった。
そんなつながりの中で自分が生きていることをとっても幸せに思う。

そしていまそういった人とつながれるということが私に一番求められていることだと
自覚させられている。
前回の日記にも書いたように、自分の身の丈以上の大役が回ってきた今年
「なぜ、私なのですか?」と管理職に聞いてみた。(そんなことを聞く人はいないのかな?)
答えは
「保護者と、まっすぐに話ができる人だと思ったから」
「人とちゃんとつながれる人だと思ったから」
であった。

それを一番に求められているのなら
私が今まで生きていた中で自分が一番大切にしてきたことである。
それならば、私はできないこともたくさんあるけれど
いろんな人に助けてもらわなくてはいけないけれど
がんばってみようという気持ちになれた。

何より、今の職場で大好きな仲間ができた。
栄養教諭という県内でも少数の立場のYさん。
「私は食育を教えるのではなく、食育で人を育てるのだと思っています。」
というYさん。
わたしも「国語」という教科や「日々の生活」を通して
人を育てているのだと思う。
そんなとっても近い感覚をもっている仲間がそばにいて
励まし合える環境にあることを感謝して、
(いや?励ましてもらっていることの方がおおいかな・・・)
今年も人とつながっていきたいと思う。

4月に久しぶりに大学時代の恩師
金沢大学の加藤和夫先生と後輩のゆきちゃんと3人で食事をした。
3人でたくさんの話をしながら
思い出していた。
加藤先生が私の大学院の修了式の後、家に帰るためにご挨拶をしたときに
こういってくださった。

「あたなの宝は人との縁だから。これは誰にでも真似のできない宝だから」と。

この言葉をいただいてから、ずっと大切に思っていました。
そして、知らず知らずにやはり私の宝は家族も含めて「人との出会い」だなと
この春、あらためて思っています。

この日、一緒に食事をしたゆきちゃんとも「出会いの縁」に恵まれたお一人です。
フィールドは違うけれど、とっても縁の方だと思っている私です。

話があちこちしましたが、
今、私が感じている「人とのつながり」について書いてみました。
このブログを読んでくださっているみなさん一人一人とも
つながっていられるという嬉しい気持ちでいっぱいです。
いつも読んでくださってありがとうございます。
【2008/04/13 20:08】 | 未分類 | コメント(6) |
花見・・・より土筆摘み♪
ここはいつもちょうど入学式の頃に
桜が見頃を迎える。
今年の入学式は明日。
一年が始まるという気がする。

一日前の今日は、天気もよかったので
親子三人珍しく揃っている休日にお花見に出かけました。

【花見】桜の大木


行き先は、毎年恒例の近場の山。
私たちが研修する教育センターの駐車場に
たくさんの桜の樹があるのです。

近くの人たちは、混雑する犀川とか兼六園をさけて
結構、ここに来ています。
今日も、キャンピングカーの人もいたし
敷物を広げて、お弁当を食べている家族もいました。

父ちゃんは、カメラを持っていろいろ狙っていました。
娘と私は山の斜面をおりて、この大きな桜の樹を
目指していると、途中の斜面にびっしりと土筆。

娘の目がとたんに桜から土筆にうつりました。
「お母さん、きんぴら作ろう!!」
【花見】つくしつみ


たくさんとってもゆでるとほんのちょっとになることを
娘は知っていて、たくさん取ろうよというのですが
「頭と袴を取って、今日中においしく食べられる分だけにしようね」と話をして
ついでに、頭と袴ははずして地面に返して
茎の部分だけ大地に頂いてきました。

ゆでるととってもきれいなピンクになります。
今日の夕ご飯のお供の一品になりました。

途中、小さな花も咲いていました。
【花見】おおいぬふぐり


娘と二人で、じゃれあいながら父ちゃんのカメラにはいポーズ
【花見】ひろっちと


知らない間に、父ちゃん私のことも狙っていたのね。
【花見】母ちゃん


4月から、学年主任という立場になり
元来のんびりの私がてんてこまいしています。
それでも、スタッフたちからみたら
「由美子さんって、マイペースですね~自分に自信があるんですね」と言われ、
ごめんなさ~い・・・って思いながら

自分にできることを精一杯しよう。
スタッフが気持ちよく、それぞれが輝けるようにしようって思っています。
世の中、もうちょっとゆっくりでもいいよ~ってならないかなっておもったりもしますが
仕方がないですね。

自分を自分で励ましながら
大好きな人たちから励ましてもらってパワーをもらいながら
自分の身の上に突然おこった大役を
私らしくこなしていきたいと思っています。

明日からの1年
どんな一年になるかな。
こうやって、たまには家族で楽しい思い出を作りながら過ごして行きたいと思っています。

photo by tochan
【2008/04/06 20:08】 | 未分類 | コメント(6) |
わかった!!
今朝、突然スポンサーサイトっていうのが登場してあわてた
で、やっとわかった。
1ヶ月以上記事を更新しなかったらでるんだって。
というわけで、こんなことを書いています。

書きたいこといっぱいあるんだけどな~

4月1日から学年主任として働いているけど
落ち込むことがおおいや・・・
【2008/04/04 14:27】 | 未分類 | コメント(2) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。