スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ハートのお手紙のお守り
先日、ここで記したように
今年中学校3年生担任の私と父ちゃんは
修学旅行にでかけた。

ひろっちがうまれてこれで4回目の修学旅行
1回目 ひろっち 10ヶ月の時
2回目 ひろっち 2才の時
3回目 ひろっち 5才の時

定期的にやってくるこの修学旅行
4回目の今回はひろっち 小学校3年生
ずいぶん成長したな~と思っていたら
初めて父ちゃんと私がまったく同じ日程になってしまった。

出発の日の朝
6時には実家に制服を着せて送り届けた
それから後の二晩は父ちゃんの方の実家にお世話になる。
まさにばあちゃんずの連携プレー

ばたばたとしている朝に
ひろっちが真っ赤なハートになにやら中に書いて
渡してくれた。

「後で読んでね」って

赤いハート

電車に生徒と無事に乗り込んでから開いたそのハートの中には
「おかあさんとおとうさんが元気ですように」
と書かれていた。

私が成長したな~と思っていた娘は
私が考えるよりうんと成長していたのだ。
自分も非日常の3日間を送るのだ。
それなのに、それなのに・・・・

私たちの健康を願ってくれた。
早く帰ってきてねではなく、元気ですように・・・
いつのまにこんなに優しい子にそだってくれたのだろう。

私たちや娘の周りを取り巻くいろんな素敵な人たちが
彼女にたくさんの愛を注いでくれたから
彼女の愛は外へ向かって発信することができるのだろうと思う。

愛して欲しい子供たちは、自分が人を愛するより
どうしたら人から愛されるかばかりを考える。

不覚にも、京都に向かう電車の中で
隣には中学生が座っているのに涙があふれた
あやうくこぼれ落ちそうになるところをあわててごまかした。

私は私の目の前にいる中学生を力いっぱい愛していく。
私の娘が色んな方にそうしていただいているように。

このハートは大切な大切な宝物。
今年の手帳に挟んで毎日持ち歩いています。 
スポンサーサイト
【2009/04/29 20:02】 | 未分類 | コメント(4) |
菜の花風スープ
あわただしい4月
ついありあわせのご飯がおおくなってしまい
ちょっと空しくなっていた私・・・・

ちょっとはましな物が食べたくなり
農協さんの直営店でお野菜の買い出し~
そこで、春キャベツをゲットしたので、
「菜の花に見えるスープを作りましょう」って
勝手に決めました。

菜の花風スープ


何のことはないのです。

キャベツとコーンとちょっとだけ海老を入れて
味を調えたら、片栗粉でとろみをつけ
最後に卵を流し入れてふわふわとお花のように・・・・見えるかな?

その他は、水菜とキュウリとトマトのサラダ
味付けは、倉敷にお住まいのりんちゃんがお土産にくださった
「塩ぽんず」
とってもおいしいのです。

店頭に売っていた
近くのおばあちゃんたちが作っていそうな
「まごわやさしい」弁当も一つだけ購入して
3人で仲良く分けっこ
おいしく満足な食卓でした。

やっぱり、おいしくって自分で作った物を食べると
にっこり笑顔になります。
お弁当も購入したけど
揚げたものとか炒めたものはほとんどなしの
超ヘルシーなお弁当。

帰りに娘とおにぎりも一つづつ購入して
この日のおやつはおにぎり~笑

食べるってお腹をみたすだけではだめだなあって
痛感しています。
【2009/04/27 07:50】 | 未分類 | コメント(0) |
贈り物
5月30日(土)午後2:00~5:00
石川県津幡町スウさんの家である「特別紅茶の時間」で
お話させていただくことになりました。
スウさんから届いた「いのみら通信」にはこんな風に紹介していただいていました。


*************************************

由美子さんのお話
「紅茶の時間から中学生への贈り物」

石川県白山市で中学校の先生をしている由美子さん。
いろんな出逢いを通して自分が学んだことをできるだけたくさん
授業の中で子どもたちに還してゆこう そんな先生です。
幼いいのちから教えてもらった大切なことを
生徒たちと一緒に「なずなちゃんの笑顔」という絵本にしたり
「ほめ言葉のシャワー」の授業を何度も積み重ねたり。
私がに出逢ったことで中学生がいただいた気持ちや心に
ついてお話ができたらなと思っています。」という由美子さんが
この日のタイトルをつけてくれました。
「イマドキの中学生」とひとくくりにしないことで
見えてくるものがきっとあるのだと思います。

いのみら


***********************************

素敵な紹介文を書いていただきました。
どれくらいの方がいらっしゃるかわかりませんが
心をこめてお話したいと思います。
それに、講演会とか発表会ではなくて
同じ目の高さで気持ちのキャッチボールができることが
この特別紅茶の魅力です。
私の方こそ、皆さんのお話を楽しみにしているのです。

私は中学生からたくさんの心の贈り物をもらっているけれど
その贈り物をみなさんに紹介したいなと。
そして、中学生もこの紅茶の時間から生まれたいろんな取り組みから
贈り物をもらっているのです・・・・。



自然界からの贈り物もこの時期たくさんあります。
我が家の庭に、カエルが遊びに来ています。

カエル

昨年実家から移植したライラックが初めての花を咲かせ始めました。
ライラック

娘の誕生日の頃にたくさん咲くミニバラは毎年どんどん大きくなり
いつの間にか二株になって
今年の出番を待っています。

ひろっちのバラ

昨年、枇杷のおいしさに目覚めた娘ひろっちが
我が家にも枇杷の木育たないかな?と
自分の食べた後の枇杷を植えました。
そうしたら、本当に大きくなってちょっとした苗木に成長中~
何年で実がなるのでしょう?

びわの木

びっくり驚きは
暮れに大好きなお花屋さんのカリテスさんからプレゼントで
一輪もらったバラが、長く咲き続けているうちに
切り花なのに白い根がでてきたので
「もしかして~」と庭に植えてみました。
そうしたら・・・・・ちゃんと新しい葉っぱがでてきました。
なんという生命力!!
驚きついでに大切に育てています。

ブルーローズ・・・

いろんな贈り物に癒されつつ日々生活している
慌ただしい私です。

本来は超のんびりペースのわたしですので
ゆっくりゆったりと暮らしていきたいです。
なるべく「忙しい」という言葉は口にしないようにと心がけています。




【2009/04/21 19:39】 | 未分類 | コメント(2) |
ご縁・再会・つながり
4月14日~16日
3年生133名を引率して関西へ修学旅行へ出かけてきました。

1日目 京都市内をタクシーでグループ別研修
生徒たちを京都駅で見送った後は
私たちにも多少の自由時間が与えられる。

もちろん、携帯電話が鳴ればいつでもすっとんでいけるように
そうしながらも、私たちにも京都で散策の時間が与えられる。

修学旅行に同行することが決まってから
密かに心の中で思っていたことがあった。
それは、三十三間堂近くにある「おうちカフェ~風~」さんに立ち寄ること
そして、お礼を言いたいと思っていた。

大切な友達が風のママさんに支えていただいているって
感じていたからだ。
風のママ、まさえさんは笑顔の素敵な女性である。
自分が恥ずかしいから沈黙することが怖くて
ついしゃべってしまうという彼女と意気投合した
私の大切な友達は、昨年大きな試練に立ち向かった。
そんな彼女がまたきっと出かけたいと思っていたこの場所に
いつだったか一人で行けたこと。
そして、ご主人とも連れだって訪れたこと。

遠くて、行きたくても会いたくても会えない大切な友達のこと
本当に支えてもらっているって感じたこの場所へ
ほんのひとときでもいいから出かけて直接お礼を申し上げたいと思っていた。

修学旅行のその日、雨が降る中
三十三間堂で、クラスの生徒たちを見届けて
道路を渡り、記憶をたどり、京都の路地を急いだ。

扉を開けたら、ママさんの「由美子さん、いらっしゃい~」の声
そして、その奥に・・・・
「あれ?知っている顔が」
なんと、パク・キョンナムさんがいらっしゃっていた。

キョンナムさんには、現在高校2年生の生徒たちが
在日コリアンの方の勉強をしたときにお手紙で交流をいただいたことがある。
kakkoちゃんやちまきちゃんとも交流のあるキョンナムさんと
京都でばったりとあったのだ。
出会い・再会

左から 由美子  キョンナムさん  まさえさん  

5年ぶりだというキョンナムさんの新刊に
年賀状がご縁でつながった風のママさんとのことが書かれているとのこと。
それで、この日の午前中に電話をかけて今この場所にいるということでした。

私は、お会いしたときに驚いたのにはもう一つ理由があった。
翌日、二日目大阪での研修は3つの方向に分かれる。
私の引率するチームは「大阪人権博物館~リバティおおさか」で研修することになっていた。

選んでいたテーマはなんと「在日コリアン」
学芸員の方も文(ムン)さんという在日3世の方

身近に在日3世の仲間がいるのに、あまりにもデリカシーのない発言をする彼らに
「人権を仮にも学ぼうという人たちがそれではあまりにも情けないでしょう?」と
朝鮮半島と日本のこと、そして在日と呼ばれる人たちのことを学ぶスタートを
この修学旅行の二日目に設定していた。

そんなスタートの日の前日にキョンナムさんに出逢った不思議
翌日の文さんにもこの話をしたら
「ちょっとすごい話ですね。運命を感じますね」ということ。

チマチョゴリ

生徒たちにも旅行から帰ったらきっと話をしなくちゃと思っています。

今年の私が胸に刻んでいる言葉は「縁」
クラスが始まる時に担任は入り口に名簿と一言を書いて貼っている。
今年の私のクラスの入り口に書いた言葉は

「出逢えた縁を大切に!!3年4組34人の仲間たち」でした。

人と人がつながっているということを実感できたなら
いろんなことが好転したり、乗り越えたりできると感じています。

中学時代の最後の一年に彼らにもそんな実感を持たせてあげることができたらなと
思っています。

そして、おうちカフェ風のママまさえさんのように
人と人をつなぐ役割をする人に私もなりたいと思っています。

【2009/04/18 20:46】 | 未分類 | コメント(7) |
お花見日和
【花見日和】満開の桜

毎年出かける私たちのお花見ポイントです。
この日も何組もの方がレジャーシートを広げて
ご飯を食べていました。

【花見日和】笑顔満開

ひろっち、外で気持ちがよいのか満面の笑みです。
今年はお父さんが忙しくて
二人だけのお花見になりましたが
ちょっとお昼を持って、のんびりとでかけました。

【花見日和】枝の花

私の心にとまるのは
こうやって木の枝の途中から咲いている桜です。
なんだか、とっても命の芽吹きを感じます。

たくさん満開に素敵に咲いている桜もいいけれど
こんな風にがんばって芽を出した桜をきれいだな~と
何枚も写真を撮ってしまいます。

今年もお花見ができてよかったな~
【2009/04/13 23:48】 | 未分類 | コメント(3) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。