スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
勝手におうちギャラリー
ちょびっとだけだけど
我が家に大好きな人たちの作品を飾るコーナーを
作ってある。

玄関を入ってすぐに、ちいさな真四角のコーナーには
ひろっちが一番お気に入りの「思い出を抱っこする」hisa作と
先日、社会見学でわき芽をつんできたバラのつぼみから咲いたバラ

【おうちギャラリー】ヒサちゃんの絵とバラ

家の中の一番面積の広い壁は
テレビを置いているコーナーなんですが
その横に取り付けた、ディスプレーバー
お遊びようなので、軽い作品限定なので
小さなかわいい人たちや、小さな絵を飾っています。

今はこの愛すべき作品たち
【おうちギャラリー】まんまるちゃんと

miyukoさん作 天使の家族ご一行様
Kさん作     キリン玉ちゃん
にじのゆめさん マトちゃん雛様
ちこママ作    まんまるっこちゃんカード

この「まんまるっこ天使」
【おうちギャララリー】まんまるちゃんアップ

ちこママがこの世に生み出したときから
大好きな子たちです。
しかも添えられた言葉にはあちらにもこちらにも「笑顔」の一言が

見ても読んでもほっこりするこの子たちの仲間が
今、たくさん誕生しようとしているらしいです。
来月には、ちょっとまとまったお披露目が計画されているようで
我が家の今年の夏の旅行はその日に照準を合わせています。

どうぞでかけられますように。
今年は、昨年以上に休みがかみ合わず
そこしか休みがとれそうにない我が夫婦
父ちゃんは母ちゃんのリクエストに応えてくれるようです。

それにしても、眺めるだけでほっこりする~
スポンサーサイト
【2009/06/28 08:17】 | 未分類 | コメント(6) |
金沢おとめ時間
タイトルのような素敵なネーミングの企画があったのは
もう一月ほど前になる。

【おとめ時間】別館

県立美術館の別館は大正ロマンの香りが漂う
とっても瀟洒な建造物です。

足を一歩踏み入れれると鹿鳴館の時代にタイムスリップしたような空気
窓から見える緑も日常の喧噪とはかけ離れた雰囲気でした。

和紙で作る星形のランプと
【おとめ時間】星ランプ

味も形も繊細な当地の和菓子とお抹茶で
【おとめ時間】和菓子

和菓子遊びという時間を用意してくださったのは
おもちゃコンサルタントでもあり、スターフェリシモでもあるTOKOちゃんです。
彼女はスポーツウーマンとしても活躍していたらしい学生時代
それとはまた別の感覚で楽しい時間や空間も生み出す天才です。

【おとめ時間】TOKOさん

茶道もたしなまれている彼女らしく
野点用の小さなお茶碗も用意して、お抹茶を点ててくださいました。

お土産も遊び心たっぷりでおとめ心をくすぐるセット
【おとめ時間】おみやげ

こんな素敵なおもてなし・・・・
自分が今度は誰かにしてあげれたらなと思う素敵な時間でした。

TOKOちゃんのHPにていろいろ写真あります。
私は昨年の島根旅行で気に入って購入したワンピースで心もうきうき参加しました。
【2009/06/15 19:07】 | 未分類 | コメント(4) |
驚きのシンクロ
あれから一週間
「紅茶の時間から中学生への贈り物」を
お話させていただいて一週間がたちました。

その間、話の内容を書いてみようかと思うけれど
無理そうなので、やめることにしました。
私のブログには、報告程度に
水野スウさんのブログには、内容まで触れて
それぞれ書いてありますので、
よかったら、ご覧ください。

不思議な感じなんだけど
客観的に参加するイベントなら
結構すぐに思いを綴ることが可能なのに
自分が主体になってしまうと
本当にそれが難しくなる。

話をした内容は書けないことに気がついたけれど
あの日、おこったシンクロについて書いてみたい。

***********************

お話をする会場に入ってまず
京都からこの日かけつけてくださった
おうちカフェ風のまさえさんが目に入った。
そして、ごあいさつ。
「ようこそ、ようこそいらっしゃいました」
まさえさんは、京都から何人かでいらっしゃってくださった。
その時から、京都からの1グループの輪の中に彼女はいた。

「あれ?似ているな~でも、京都からだしね・・・」
なんて思いながら緊張も手伝って
それ以上交流はこのときにはなかった。

約1時間30分のお話が終わり、ティータイムに
その若い彼女が
「あの~覚えていますか?」と声をかけてきた。

「やっぱり!!Nさん!!!」
私の方が大きな声を出した。
「はい!!そうです。やっぱり先生ですよね」

私がまだ赤ん坊だったひろっちを抱えて着任した
初任の学校での教え子だった。
この日、私が中学生とのことを語ると知っていたのかどうか
京都での学生時代にお世話になったまさえさんからのお誘いで
初めて紅茶の時間を訪れたということでした。

私は、この初任校での苦い経験が
今の私を作ってくれていると言っても過言ではないと思う。

男子生徒と正面切って衝突し
あげくに校内暴力
怪我をしてしまったことがあった。
そこまでさせてしまった自分が未熟だと今なら思う。

また、ボス的立場の男の子ともバトルをくりかえした。
その彼が、昨年の春に
この日再開した若い彼女たち数名と
母校で教育実習をした仲間にいるというのだ。

免許を取るためだけの実習生も中にはいる
そんな中で、彼は
「地元を愛してっからよ、俺はここで教師になる」って
一番燃えていたんだそうだ。

それを聞いてまたびっくり
「え~あなたが教師になるんか~」
驚きだった。

高校入試の直前に、小論文のある学校をどうしても受験したい
彼に求められて、毎日のように添削指導をした。
毎日毎日。
合格だった・・・・

「先生のおかげで合格できた」とぼそっといった彼。
それ以来、どうしているのかまったく知らなかった。

私は、勤務地が遠く離れ
町中の初任校から
白山の見える今の学校へとかわって早7年の歳月が流れた

シンクロっておこる
それは、人生の波がそうさせるのだと思う。
それにしても今回のシンクロは驚きだった。

私が、やんちゃ坊主たちとの格闘に
心も体もすり減っていたあのころに出逢った彼女と
こうして大人になって意図せずに出会う不思議

彼女はこの春地元に戻り
保育士として教育の道に身を置いているそうだ。

彼に先生と会ったこと、話していいですか?という
もちろん、もちろん!!
ひょっとして、「げんき」という名前だった彼が
元気な教師として私の同僚にあって目の前に現れる日も
そう遠くないのかも知れない。
【2009/06/07 05:40】 | 未分類 | コメント(2) |
紅茶の時間から中学生への贈り物
【特別紅茶】赤ちゃんさくらんぼ

みなさん6月になりましたね。
衣替えです。

先日、水野スウさんの「特別紅茶の時間」でお話させていただく機会を得ました。
この写真は、どうやら「さくらんぼの赤ちゃん」のようです。
ドキドキ緊張しながら、スウさんの家につき
ふといつも見る雑木林に目を向けると、かわいい赤いつぶつぶが
木々の間から見え隠れ。
風の強い日だったので、木が揺れて思うように写真は撮れませんでしたが
風と追いかけっこしているようで、少し緊張がほぐれました。

紙芝居やなんやかんやを抱えて
母と娘と私の親子三代での参加でした。
母には、ポツポツと自分のしていることは話しているけれど
せっかくだから、私と中学生のこと聞いておいてくれると嬉しいなと
誘ってみたのです。
後で「気持ちキャッチボール」の時に「授業参観のつもりできました」と
母も語っていました。

【特別紅茶】由美子語る

何人くらいの人がいてくださったのかな?20人くらいでしょうか?
教室の生徒よりちょっと少な目で
みなさんの顔が見えるちょうどいい感じの人数でした。

この日にお話をさせていただくことを決めたのはずいぶん前なのに
シンクロして、この日お話した内容の一部がTVに取り上げていただきました。
ひょっとして、それを見てきてくださった方もいるのでしょうか・・・・。

この日、二つのお話をさせていただこうと思っていました。
中学生と一緒に作った実話を元にしたお話「なずなちゃんの笑顔」のこと
そして最近TVで取り上げていただいた「ほめ言葉のシャワー」のこと

一つ一つ別のお話として語ろうと思っていたのですが
その二つのお話をつなぐ大切な友人がいることに気がついたのです。
元は教え子で、今はときどきここにも訪れてコメントも書いてくれる
ユリコさんがその人です。

「なずなちゃんの笑顔」も手にとってくれているし
何より、私が「ほめ言葉のシャワー」の授業をするずっと前に
クラスの仲間同士に贈る言葉を大切にしたいと思い
3学期の最後にやっていた授業のことを覚えていてくれて
私に教えてくれたのは彼女です。

【特別紅茶】花三輪

彼女にこの二つの話の橋渡し役を任せて
とぎれることなく、お話を続けることができました。
1時間30分のお話は、とても和やかにみなさんの反応に助けられて
終えることができました。

この日、心に決めていたことがありました。
みなさんの力を借りて、母と娘に「ありがとう」を伝えようと思っていたのです。
母には
「生んでくれてありがとう。いつも見守ってくれて感謝しています。」
娘には
「お母さんの子供に生まれてくれて感謝しています。ありがとう」と

この後の「気持ちのキャッチボール」のコーナーでは
私も心が温まるみなさんの心の言葉を聞かせていただき
本当にありがとうございました。

いろいろ感じて思うことがありすぎて
詳細はお伝えすることができませんが
参加してくてもできない方のご要望にお応えして
ボイスレコードをしていました。
CDにいつできるかどうかわかりませんが
とりあえず、MDでなら聞くことができます。

もし、聞いてみたいと言われる方がいらっしゃいましたら
お問い合わせください。
既に、何人か連絡頂いているので
しばらくお待ちいただくことにはなると思いますが
それでもいいよという方は、是非聞いてみてください。

は~素敵な時間でした。
ありがとうございました。

・・・・・これしか言葉は出てきません。
【2009/06/01 20:14】 | 未分類 | コメント(6) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。