スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
金澤おもちゃ時間をのぞいてみてね
もうずいぶん時間がたってしまったような気がします。
11月8日に
芸術村の里山の家で「金澤おもちゃ時間」が開催されました。

そのなかの「おちゃめなこけし作り」については娘のブログにて
アップさせていただいています。

そのほかのところもほんのちょっとですが
見ていただきたいと思い、遅ればせながらご紹介です。

【おもちゃ時間】玄関に

玄関のたたきにはこんなかわいい工作がありました。

【おもちゃ時間】オーナメント

完全な和のしつらえの空間ですが
クリスマスのオーナメントとしっくりとなじんでいます。
カラフルなこのオーナメントは昨年は笑顔一番でたくさん作りました・・・。

【おもちゃ時間】大好きなコーナー

いろんな工作もあるけれど、
娘はやっぱりこのコーナーへまっしぐら
大好きなcroonの、のんちゃんにもごあいさつ
【おもちゃ時間】めいちゃんと遊ぶ

一足先に到着していたmeichonと、まずは一遊び!!
この後、工作に疲れたり、何かを待っている間にもこのコーナーにはお世話になりました。
【おもちゃ時間】製作前のこけしさん

本日のメインはこのこけしさんたち
TOKOちゃんの作品が床の間に飾られておりました。
【おもちゃ時間】TOKOちゃんの作品

【おもちゃ時間】塗る手

娘は青のこけし、私は赤のこけしを作りました。
【おもちゃ時間】できちゃったひろっちさん

やっと完成して放心状態の彼女(笑)

【おもちゃ時間】親子で製作中


【おもちゃ時間】うさももこけし完成

親子で一体のこけし作りに集中していたヨシミさん親子は
「うさももさんのこけし」でした。
講師のTOKOちゃんの記念撮影に応じています。

お昼もそれぞれが持ってきていたお弁当を食べて
子どもたちは今からだと信じられないけれど
水遊びをしていました。
あの日がお天気の最終日だったかのように
水遊びができる秋晴れでした。

後半、お客さんもまばらになったところで
「お試ししてもいいよ~」と声がかかり
「お菓子の指輪」と「マッチ箱」にトライ

【おもちゃ時間】お菓子の指輪

【おもちゃ時間】マッチ箱製作中

楽しい、秋の一日は製作とたっぷりのお遊びで暮れていきました。

準備をしてくださった
おもちゃコンサルタントの皆々様
あらためて楽しい一日をありがとうございました。






スポンサーサイト
【2009/11/23 18:51】 | 未分類 | コメント(4) |
大好き!shiho先生!!
【shiho】お話しする

この人、私の同志のshihoちゃんです。
このたび、私の愛する生徒たちの元に出張授業に来てくださいました。

中学校3年生の道徳の教科書には
私が中学校時代からファンのさだまさしさん作
「風に立つライオン」の歌詞が掲載されています。
テーマは「理想の実現」

shihoちゃんが医師をめざした道のりには
彼女がそこに至るまでの様々な思いを抱えてのことでした。
その体験の中から、中学生が一人一人自分の大切な何かを
感じ取ってくれるのではないかとずっと前から思っていました。

本当は、この日授業参観日として3年生全員134人を相手に
お話をしていただくという企画だったのですが
インフルエンザによる学級閉鎖が出たため、
急遽、私のクラスだけになりました。
これが、とってもラッキーなことに、初めから予定していた4時間目と
本当は学年でのお話だった5時間目もいただいて
間の給食も一緒にということで、なんともスペシャルな企画になったのです。

【shiho】ライオン
【shiho】横顔

shihoちゃんが、実際にアフリカに行ったときの画像を見せながら
風に立つライオンの歌詞を考えながら、みんなに語りかけていきます。

そんな中で、shihoちゃんが医師をめざす大きなきっかけとなった
アメリカ留学での交通事故の事も話してくれました。
【shiho】自分一人で

「もう何でも自分一人でできると思っていた。」時に
交通事故にあい、何もかも誰かの助けが必要になった経験でした。

ここで、給食時間に
この日は、地産地消のメニューで「金時草のちらしずし」でした。
ほんのり紫色のちらし寿司
shihoちゃんは、おいしいおいしいと食べながら
生徒たちに、質問あるひと~ってお話をしてくれました。

まず、出てきた質問は・・・・・
「先生、彼氏いますか?」さすが・・・中学生
いきなり、そこですか・・・・・笑

なんだかんだと給食時間を過ごし5時間目は場所は武道場へ

【shiho】寝たきり体験
これ、何やっていると思いますか?
不思議な光景でしょう?

これ、「寝たきり体験5分間」です。

動いてもだめ、しゃべってもダメの5分間
shihoちゃんは、6ヶ月の間だ自分の意志で自分の身体を動かすことができなかったと。
あこがれの場所はトイレ
お風呂は夢のまた夢の場所。自動販売機で飲み物を買う人がうらやましくて仕方がなかったと。

今、当たり前にできていることのほとんどが
実は、すべて自分が選択して自分が決めている幸せなことばかり
それを生徒たちに教えてくれたshihoちゃん先生です。

最後に、丸くshiho先生を囲み、
「あなたの夢はなんですか?今日、うれしかったことを教えてください。」と
全員にお話をしてもらいました。
恥ずかしかったら、本当のことを言わなくてもいいよと言ったけど
みんな、ほとんど本心を語ったようでした。

中に、「今朝、虹を見たことが嬉しかったです。」と言った男子生徒
その生徒の母が、一学期最後の懇談の時に
小学校~中学校3年生の今まで
先生に気持ちを許したことのない子だったと話してくれました。
中学校3年生になり、私が担任になり
「由美子先生には本心を言ってもいい気がする。」と家で母に言ったそうです。
9年間で、先生に気持ちを許したのは初めてだと思いますという母。

私は特別なことはしていないけれど、とっても嬉しいことでした。
その彼が、shihoちゃんにもちゃんと本心で答えていました。
shiho先生も本心を言っても大丈夫な人だって
たった数時間で分かったんですね。

その彼のこの日の感想です。

今回の道徳で自分の「calling」があることが分かりました。
shihoさんの「calling」は医者なのでしょうか?
事故からこの道に入ったのでしょうが、僕はそのことも
運命だと思います。そう考えて、僕はこれからを生きていきます。
こんな風に生きようとは、多分、今回のことがないと僕は
とても思わなかったと思います。
わざわざ遠いところから来てくださりありがとうございます。
コメントも嬉しかったです。
(shihoさんに先に送った自己紹介のシート全てに
 お返事のコメントを書いて返してくださった。shiho先生!!ありがとう)
今回のことを期に自分の人生なんだから
「calling」について、しっかり生きようと思います。

こんな感想でした。
何を考えたのかは詳しくは分かりませんが
何か大切なことを感じ取ったのだということはわかります。

「calling」・・・天職
shiho先生が4時間目に彼らに話をした内容です。

天から与えられた仕事
自分がめざしている職業がすべてこのcallingとは限らないし
職業だけが、callingとは限らない。

私は、教師という職業ではあるけれど
callingは勉強を教えることではなくて
人と人のつながりや、コミュニケーションを伝えること
それを、学校という現場で子どもたちや
もっというと、職員室の先生にも伝えていくのが
自分のcallingだと感じ始めています。

中学生には難しいようで
それでも、この時期だから感じる何かもあったようです。

全員がshiho先生にお手紙を書いています。
待っててね、shihoちゃん。
一人一人の思いを届けますからね。

皆さんのcallingはなんでしょうか?
もう、出逢っていますか?
今からでしょうか?

shihoちゃんも言っていますが
医者だからすごいのではない
教師だからすごいのではない

自分が自分で決めて
自分の手で足でつかみ取った仕事は
なんでも尊い!
それが、納得できれば
中学生たちももっともっといろんなことに目がむけられるなあ。

私のクラスの生徒たち
将来に向かって大きなプレゼントをもらったことにまちがいはない。

インフルエンザ騒動で大変な最中に
お休みをとって、授業に参加してくださったshihoちゃんには感謝感謝です。
本当にありがとうございました。

そして、私の大切な同志でいてください。

*shihoちゃんの思いに触れたい方は、「shihoちゃんのブログ」へどうぞ。
【2009/11/07 17:51】 | 未分類 | コメント(11) |
ありがとうと語りかけながら・・・・
どうしても、お迎えする側に気持ちがスライドしている
「抱っこ展 IN 森のめぐみ」でした。
HISAちゃんとsmileちゃんは、なんで~って
思うかも知れないけれど、勝手にお迎えする立場に立っていた私。

10月3日~31日の間、森のめぐみの空間で
たくさんのお客様を出迎え、見送ってくれた作品たちを
最後にもう一度撮影させていただいた頃は
外にはもう夕日が射し込んでいました。

【抱っこ展】窓に並んでいる子タチ

夕日までも優しい森のめぐみの空気の中で
私にとっても大切な人たちを彼らが出迎えてくれたのかと思うと
愛おしくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。
最後は「ありがとう」を口にしながら写真に収まってもらいました。

【抱っこ展】かっこいい男性

額ではなくて、自然の素材を生かしてディスプレーされている作品もいました。

【抱っこ展】看板

一階の大きな机の上には、HISAちゃんの字で書かれた黒板もあったり、

【抱っこ展】そらちゃんの絵

階段の途中にはHISAちゃんの愛娘そらちゃんの絵が
ママとコラボしています。

【抱っこ展】階段をあがると

階段を上へ上へと作品を見ながら上がっていったら
2階は「抱っこ」の世界のスタートです。
【抱っこ展】案内図

前回までは気がつかなかった、この展示の案内図も
いつの間にかHISAちゃんが作ってありました。

小さな子どもたちがこの作品を見上げたら
どんな風に見えるのかな?って私も小さくなってみました。

【抱っこ展】太陽の輝きの下で

HISAちゃんが、男の人でも、年齢も関係なく楽しんで欲しいと語っていた抱っこ展で
私が、何度も見入ってしまうのは、この作品。
【抱っこ展】お父さん・・・

私の父に頭が似ているのです・・・・
だから、上の絵はひろっちがじいちゃんに抱きついている絵
下の絵は私が父とハグしている絵
という風に見えて仕方がありませんでした。
本当は、一人の人の成長かも知れませんが
今の私には、やっぱり私たち親子と重なってしまいます。

【抱っこ展】ほら後ろにママ

さ、お人形さんたちもママが大阪から迎えに来ていますよ。
後ろにsmileママも写真撮影中の模様です。

【抱っこ展】一ヶ月ありがとう

一ヶ月ありがとう。森のめぐみの風さんたち
見守ってくれてありがとう。きっと、またくるね。
【抱っこ展】またね

この抱っこ展では、私の撮影したsmileさんのお人形のポストカードを
HISAちゃんが作って販売をしてくださいました。
こうやって、何度もフィルターを通して作品を撮らせていただいた幸せをかみしめると共に
もうちょっとカメラを勉強してみようという気持ちにもなりました。

自分が感じたように、ちゃんと写真で表現したい。
そんなこともあらためて感じた抱っこ展 IN 森のめぐみでした。

ひろっちとふらりとお休みの日に行こうかなと思っています。
それぐらい、気に入ってしまった森のめぐみです。

最後に、作者のHISAちゃん、smileちゃんお疲れさまでした。
素敵な展示作品をありがとうございました。
【2009/11/03 20:24】 | 未分類 | コメント(7) |
また会おうね!!!~抱っこ展 IN 森のめぐみ 大団円~
【抱っこ展】二人のショット

この二人が出会って大阪と福井の2会場で行われた
「抱っこ展 HISA+*smile*」
たくさんの方との出逢い・語らい・想い出をプレゼントしてくれて
10月31日に大成功のうちに終了しました。

作者の二人組の記念撮影するという光栄な役目もいただき
わたしにとっても、最後まで心に残る展示会になりました。

【森めぐ子どもたち】今日はテント

この日は、いきなりテント貼りから始まりました。
娘と相談して、
大阪から来てくれているかわいい姉弟ちゃんたち、
それにこの一ヶ月何度も会えて、すっかりなじんでいるそらちゃんと遊ぼうと
テントを持っていくことにしました。
これなら、いつもの原っぱにたてておけば、荷物置き場にもできるし
おままごとしてもいいし、お菓子こぼしてもお店の中じゃないから心配ないしね。

結果的には大正解でした。
子どもたちはここを拠点に一日中、外で遊んでいました。
(そちらの記事はいずれひろっちのブログの方にアップさせていただきますね)

【抱っこ展】親子?
【抱っこ展】親子2
【抱っこ展】親子3

本物の親子の組み合わせはどれでしょうか?(笑)
正解は・・・・2番目と3番目
最初のショットは、smileちゃんのお客さんで金沢の方がいらして
福井なら!と来てくださいました。
かわいいぼくちゃんにsmileちゃんメロメロ~
この時も、まもなく本物の薪が入るというストーブの前で
2才のぼくちゃんに「アチチだよ」ってお話していました。

ふたつめのショットは娘もえちゃんと布のお野菜かご見ているのかな?
最後は、ぼくちゃんと本物のママのショットでした。

【抱っこ展】キラキラ

前回に来たときは、二階でゆっくりしていたため
なかなかこの「キラキラ」の親子を撮影するチャンスがありませんでした。
今回は、何度も近づいて私のカメラに写っていただきました。幸せ~。

最終日
次々と訪れるお客様
合間をぬっておしゃべりする私たち
一日中、元気に遊んでいてくれる子どもたち

どれもこれも幸せでした。

後かたづけまで手伝いたかったけど
初めて娘と二人で軽自動車でトコトコ走ってきたので
いい加減に帰らないと父ちゃんが心配します。

いよいよ、森のめぐみにさようならをする時間
夕暮れ時の森のめぐみ初体験です。

【森めぐさん】夕闇
【森めぐさん】夕方のお店

ぐるりと歩くと
すっかり仲良くなった子どもたちが、大人抜きの世界を楽しんでいました。
【森めぐ子どもたち】みかんの缶詰
【森めぐさん】夕方の看板

慌てて撮った写真は、ぶれまくり~
お許しください。

大阪組のsmile一家と名残を惜しんで手と手を合わせる
「笑顔一番の時は「またいつかお会いしましょう~」とお別れしたのに
 今回は「じゃ、また!」という感じですね。」というsmileちゃんの言葉が嬉しい。

地元福井のHISAちゃん親子とは
あらためて出逢った、大切な一ヶ月だった
これからも大切な大切なおつきあいが始まる。

何もかもに感謝の「抱っこ展 IN 森のめぐみ」最終日でした。

続いて、お二人の作品をご紹介します。
お楽しみください。
【2009/11/03 08:34】 | 未分類 | コメント(0) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。