スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
言葉の魔法・言葉の力~自分に贈るほめ言葉の花束~
【サンタさん】教室の花束

2学期の終業式が終わった翌日の教室
生徒たちがいない教室
残されたみんなとの時間はあと2ヶ月半

後ろに最後の日にみんなで書いた
「今年の自分を振り返ってほめ言葉の花束を贈ろう」のシートが
ずらりと並んでいる
何を書いたのかな?とじっくり読んでみた。

【サンタさん】言葉の花束

部活のこと、勉強のこと、友達のこと、家族のこと、自分のこと・・・・

みんなずいぶん自分をほめることが上手になったな~

一枚は自分で自分に贈るほめ言葉
世界で一番自分の身近にいるのは自分
その自分があなたのことをほめてあげなくちゃね

後の2枚は、この人からほめて欲しいなと思う友達に書いてもらいなさいねと言って
見ていても嬉しくなるきれいな色紙を渡した
このシートは3学期に入ったら、自分のパーソナルポートフォリオに収められる
見たら元気になれる、うれしくなれる一ページを作ってね言うと
もうずいぶんこの取り組みに慣れてきた彼らは
「分かってるよ!」とにっこり笑ってくれる

そして、しばしの時間友達同士集まって
わいわいと楽しそうに言葉を交換しあっていた。

パーソナルポートフォリオという言葉に出逢ったのは
福井の小学校の先生、岩堀美雪さんの本である。

私自身も同じようなことを考え
細々と取り組んできた中で、手に取った一冊の本が今につながっている。
先日、岩堀先生が2冊目の本を出版された。
【言葉の力】美雪先生新刊

「できる自分」というタイトルに一瞬ぎょっとしたが
中を読むと、自己肯定感につながげていく取り組み方が丁寧に描かれていた。

中学生たちと活動する中で求めていることは
「できる自分」になることではないけれど
自分は大切、自分が大好きという気持ちを持つことができると
自然といろんなことが「できる」ようになっていくということなのかなとも思う

今年度の主張大会で市の優秀賞を受賞した意見文は
私のクラスでポートフォリオに出逢った女の子だった。
彼女の意見文を少し長いですが、読んでみてください。

         ここにある「幸せ」

 あなたにとっての「幸せ」はなんですか?そう聞かれた時、あなたは何を思い浮かべますか?
 お金持ちになる、将来の夢を実現するといった「幸せ」もあるかもしれません。
 しかし、本当にそれだけが幸せなのでしょうか。
 私は、ついこの間まで、幸せは自分とは関係のないことだと思っていました。
 しかし私は、日常の中で幸せを見つけることができたのです。
 
 私にとっての幸せ。それを見つけるきっかけとなったのが、パーソナルポートフォリオです。
 パーソナルポートフォリオとは、自分の想い出に残っている作品を入れるファイルのことで
 私たちのクラスで行っている活動の一つです。
 そのファイルの裏表紙
 「自分のことを大好きになろう。家族や友達のことも大好きになろう」という言葉を見て
 自分自身のことをもっと大切にしようと思いました。
 家族や友達のことも意識していくうちに、私をあたたかく支え、
 そして見守っていてくれていることに
 気付きました。
 その時初めて、幸せはとても身近にあるものだということを感じたのです。

 しかし、悲しみや苦しみも、感じる時はあります。
 例えば、自分が目標にしていた大会で失敗したり
 テストの点数が上がらなかったりと、たくさんありますが、
 そういった悲しみや苦しみがあるからこそ
 本当の幸せに気付くことができるのではないでしょうか。
 又、大切な人がいることで、幸せはとても大きなものになります。
 大切な人は、失ってからではないと分からない。と言いますが、私は家族の大切さに
 あらためて気づきました。

 私は、中学校へ入ってから、家族とはあまり会話をしていませんでした。
 何かを聞かれても、「別に」「普通」そういって、カッコイイ自分を演じていたのです。
 家族の前でも素直になれない、そんな自分が大キライで
 私って何なの?本当の私はどこにいるの?そう思っていました。
 そんなとき、宇佐見百合子さんの「もう、背伸びなんてすることないよ」
 という本に出会いました。
 その本の中にあった「無邪気になって心から、自分を楽しもう」ちおう言葉を見て、
 今までつくっていた自分から解放されたような気がしました。
 本当の自分なんて、私にしか分からない。だから私らしさがある。
 そう思えた時、本当の自分に会えた気がしました。
 家族には、たくさんの迷惑をかけてしまったけど、
 私はようやく、もうここにあった私の幸せに気付くことができました。
 家族は私を今日まで育ててくれました。
 その存在があるからこそ、私はここに生きているのです。
 それだけで、とても幸せではないですか。
 そのことに気付いて以来私は「幸せだなあ」そう思うことが増えました。
 
 中学へ入った頃、あまり会話をしていなかった家族にも、
 今では自然と言葉を交わすようになりました。
 勉強や部活、食事など毎日当たり前にしていることの中にも、
 小さな幸せがあり、また苦しみがあります。
 時は忙しく過ぎていくけれど、そこにはたくさんの幸せがあるのです。

 私にとっての幸せ。それは、今ここに生きているということです。
 私の周りには、家族がいて、友達がいて。
 たくさんの人に支えられて、とても幸せです。
 私はこれからも「幸せ」を探し続けていこうと思います。

 あなたにとっての「幸せ」は何ですか?
 そうきかれた時、胸を張って答えられますか?
 私は、とても近くにある「幸せ」をあなたが見つけることを願っています。
 あなたにとっての幸せ。
 是非、みつけて見てください。
 明日はどこかで「幸せだなあ」そう口にしているかもしれませんね。


地方中央大会では、表現力は申し分ないがインパクトに欠けるということで
上部大会への進出はできませんでしたが
彼女は、「発表していてとても嬉しかったです。悔いはありません」と
晴れやかな笑顔を見せてくれました。
運動会と重なってしまったことを以前書かせていただきましたが
その時の発表がこのような内容でした。

何気ない日常から「幸せ」を感じ取る原動力となった
このパーソナルポートフォリオは言葉のもつ力を生かしたアイテムだと
私は感じています。

2学期最後の「ほめ言葉の花束」は私にも届けられました。
【サンタさん】先生へ

クラスの生徒たち一人一人からの私への「ほめ言葉」
サンタさんが運んできたクリスマスプレゼントのように
私を元気づけてくれました。

【サンタさん】サンタさん

自分で自分をほめる
ほんのちょとした元気になる言葉を贈り合う
そんなことが当たり前にできたら
もっともっと、世の中平和になるような気がしている。

親子や友達や恋人や・・・・
人と人をつなぐ大切な言葉をあなたも贈り合ってみてください。

スポンサーサイト
【2009/12/26 08:26】 | 未分類 | コメント(2) |
「逢いたくて 逢いたくて 生まれてきたの」
【誕生日】父ちゃんから

12月15日・・・・私の誕生日
今年は、火曜日でした。
私の生まれた1968年は何曜日だったのかな?

毎年、母に伝える言葉「おかげさまで、誕生日を迎えました」
今年は、朝から実家に寄る用事があったので
父にも「41才になりました(笑)おかげさまで」というと
「あれ~いつの間にそんなにたくさん(大笑)」ということで
今年は、父にも母にも朝からご挨拶できました。

生まれたのは、本当は昼の1時です。
昼の1時になったらあらためてメールをしようと思っていたのに
気がついたら、夕方まで生徒たちと過ごしていました。
これもまた今の私です。

誕生日を迎えると、「ありがとう」と言っていた少女時代
「おかげさまで」と心から思うようになった母になった私

そんな私に、今年もう一つの思いが心にふんわりと広がった
それは
「この二人の子どもとして生まれてこれてよかった」
という思い。
きっと、心の中で少しずつ少しずつ育った思い
気づくのが遅いと思われる方もいるかも知れない
両親にしたら、「えっ?今まで思ってなかったの?」と思うかも知れない。
思ってはいたんですよ
「このうちの子でよかったな~」ってでも、あらためてしみじみと
実感として思ったのです。

その思いにきづいたのは
武生に住むイラストレーターのお友達HISAちゃんが
私と娘にこんな絵を描いてくださったからかもしれない。

【誕生日】出会いをありがとう

私たち親子はまだ出逢ったばかり
たったの10年足らずを一緒に過ごしただけです。
【誕生日】ひろっちろの出逢い

この絵にはこんな言葉が添えられていました

「逢いたくて 逢いたくて 生まれてきたよ」

娘が、こんな風に思って私のところにきてくれたのなら
私も両手に抱えきれないくらいの愛を娘に届けたいと
あらためて思わせてもらった絵です。

HISAちゃんは、この絵をくださるときに
「もっともっとちっちゃかった時のひろっちをイメージして描きました。
 抱っこして!とおひざにしょっちゅう乗ってきた頃のひろっちです」
というような言葉を一緒にくださいました。

実は、まだまだおひざが大好きなひろっちさん
時間はたっぷりはないけれど
私のお膝に座ってくれている間は、しっかりと抱っこしようと
思っています。
そして、そんな時間は私が娘に与えているのではなくて
私が娘からもらっている時間なのだと思う、この頃です。

【誕生日】おうちギャラリー

我が家のリビングに最近この絵を中心に
ポストカードを貼ってみました。
そうやってこの絵を毎日眺めていたら
さきほどの自分の両親への思いが形となって、心の中にふんわりと姿を現したのです。

誕生日は、毎年新しい年齢の自分との「初めまして」です。
今年は41才
振り返ったときに、嬉しく思い出せるような一年であるといいなと思っています。

・・・・・トップのお花は・・・・・・
毎年、忘れずに誕生日をお祝いしてくれる父ちゃんからです。
今年は、平日で私たちの方が帰りが遅くなりました。
玄関先に車をとめたら、玄関から父ちゃんが部屋の中へ入っていく気配・・・・
?????と思って、鍵をあけて家へ入ると
玄関入ってすぐの私のお気に入りのコーナーに
お花とプレゼントが置いてありました。
・・・・・私と同じ中学校3年生の担任で忙しいだろうに
忘れずにお花を買いに行ってくれたのね。
で、こっそりしこんでくれていたのね。
それを思うと、じんわりと幸せ感に浸っている私でした。

私たちも、「二人の子でよかった」ってひろっちにいつか思ってもらえる親に
成長していきたいと思った今年の誕生日でした。

私と誕生日が同じ大好きな人がいます。
ヨシミ先生のおじょうさんのゆりちゃん
小学生の女の子だけど、ゆりちゃんからもらった言葉に
心が揺さぶられることが幾度もありました。
誕生日の前日に、そのゆりちゃんと一緒に焼いたケーキをいただきました。
【誕生日】好美さんから

すっごくおいしいヨシミ先生お手製のチーズケーキです。
我が家では、「ブラボー!!」でした。

いわきちひろさん
【武生】ちひろと母文江展

HISAちゃんの住む武生で生まれた
みなさんが知っている「いわさきちひろさん」も12月15日生まれです。
【2009/12/23 06:31】 | 未分類 | コメント(4) |
at home ~安全な場所 安心な時間~ 
9月30日に「20才のお誕生日」のお祝いをしたゆいちゃんが
11月25日に20才になりました。
最近のゆいちゃんは逢うたびに
本当に輝くように美しくて、まぶしいくらいです。

【ほっころろん】20才の輝き


奇跡と言われるゆいちゃんの20年のあゆみは
実は奇跡でもなんでもなくて、まゆさんを初めとする
たくさんの人の手と心と愛で支えられていたのだと
かみしめたのは、先日の「お誕生日のお祝いコンサート」でした。

【ほっころろん】神の手


横笛奏者の福井幹さんとハープ奏者の小川由美子さんのお二人が
こちらにいらっしゃるのに合わせて
ゆいちゃんのところを訪問されることになりました。
まゆさんが、迷いに迷いながら
「やっぱりこの時間を持とう!」と決心してくださったおかげさまで
私もお二人の演奏と皆さんとゆいちゃんとの歩みの輪の中の
お仲間にさせていただくことができました。

【ほっころろん】ツーショット


まゆさんが語るゆいちゃんとの心の旅は
本当に命がけで
ときにはまゆさんご自身の命をも削っているようにも思えます。
だからこそ、人がどんどん集まり
心を温め合いながら、大切なことを自分の中に蓄えていく
そんな場所が、この「ゆいちゃんの家」にはあります。

本当の自分を出しても、批判されない「安全な場所」
この時は自分を受け入れてもらえる「安心な時間」
20才のゆいちゃんを囲んでこんな空間が広がりました。

お母さんのまゆさんは
それはそれは愛情たっぷりにゆいちゃんのケアをしています。
でも、その状況があまりにも過酷で24時間体制のため
今は、身も心もくたくたの状態です。

まゆさんを支えているのは、人々の心
その心をひきよせているのは、他ならぬ
ゆいちゃんがこの場所にいてくれるということが
とても大切なことなのです。

競うことや争うことをしなくてもよい
どんな自分でもそのまま表現してもいい
そんな場所が、ゆいちゃんをとりまく空気の中で
輪になって広がっていっています。

私もそんな仲間の一人として
この場所にいられることをとても嬉しく
本当に出逢えて良かったなと感じています。

ありがとうゆいちゃん
あなたがそこにいてくれるから
心休まる場所があるから
この社会を生きていくことができます。

ありがとうまゆさん
あなたがゆいちゃんと生きてくれているから
ゆいちゃんがそこにいてくれるのです。


みなさんへのお願い

ゆいちゃんの母、まゆさんが
24時間介護の状況を
行政に理解してもらおうとがんばっています。
このブログもゆいちゃんが居てくれる大切さを
少しでも分かってもらえたらなと思う気持ちをこめて
記事にさせていただきました。
みなさんんが感じたほんの少しのことでも
応援メッセージでもいいので
一人でも多くの人の声が届けられたらなと
思っています。
コメントを寄せてくださいませんか?
お願いいたします。
【2009/12/05 20:19】 | 未分類 | コメント(10) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。