スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
阪神・淡路大震災に学ぶ 2010
つばきの花

今年で、この形の学習は一区切りかもしれない
そう思って臨んだ今年の防災の日の翌日18日

阪神・淡路大震災から15年の歳月が流れた
今年の中学校3年生がそのとき、自分の命も関わっていた
最後の学年である。

平成17年(1995年)1月17日 午前5時46分
阪神地区に激震が襲い、結果的に6434名の命を失った
戦後最大の地震を体験してから
丸15年
あの時、赤ちゃんだった生徒たちが
中学校を卒業する年を迎えた。

この年月の間にも日本は大きな地震をいくつか重ね
そのうちの一つが私の住む石川にもおこった
ほんの十数秒の揺れが長く感じたことを今も記憶している。

1月17日前後に
毎年道徳の時間に行ってきた
「阪神・淡路大震災から学ぶ」授業
私は、何を伝えたくて、何を考えて欲しくて
中学生たちに真剣に伝え続けているのだろうかと
考えながらの数年

少し、見えてきたことがある。
それは、人生には何がおこるか分からない
そういう私もあなたも
明日の命は保証できない
病気や災害や事故や事件
自分にとったらとってもつらいことも人生の上ではおこる

そんなときに、
自分で自分の人生をあきらめたり、放り投げる人に
ならないでほしいということ
誰かより自分はだめだとか、そんなことではなくて
自分が自分でいてほしいということ
時には、私ってだめだ~
私、何やっているんだろうって思うこともあってもいい
それでも、何とかして立ち上がって
また、歩き出して欲しいと

阪神地区の人々もそうであったように
人の周りには手を伸ばせば必ず人の手がある
その手をつなぐ勇気があるか
その手に気がつくかの違いだけだと思う

今年は、生と共にある死についても考えてみようと思い
谷川俊太郎作「死」という絵本を読んだ。
石川在住のかるべめぐみさんが絵を担当している
死を迎えたおじいちゃんとそれを見送った孫の話
死の後、人は心の中に宿るのだという話
不思議な、でもいろいろ考える話

「死」を身近に想像できない生徒もたくさんいるだろう
そんな中で
「たったひとつの命だから」の後に続く言葉を書いて
今年の授業を締めくくった

九州のFM放送局が発信した取り組みが一冊の本になった
「たったひとつの命だから」
その後にあなたはどんな言葉を続けますか?

33人の感想がすぐに私の手元に集まる中で
一日待って欲しいという34人目、最後の一人
中学校1年生の時に母を交通事故で亡くした少女
朝、「行ってきます」と元気に新聞配達に出た母が
家には戻ってこなかった悲しい経験をもつ彼女の言葉を届けます。


たった一つの命だから

大切にしようって思わない?だって一つしかないんだよ?
人間はいつ死ぬか分からない。
明日かもしれない。
1年後かも知れない。10年後かも。
いつかは分からないけれど、命はたった一つしかないことは分かっている。

お母さんとお父さんが私を生んで
そのお母さんとお父さんはおばあちゃんとおじいちゃんから生まれて
ずーっとずっと昔から繋がれてきた命
きっとこれからも繋がれる

でもたった一つの命を大切にしなかったとしたら
この繋がりが切れてしまう。
誰か一人でも欠けると切れてしまう。
もし、昔、命の繋がりが切れていたら、今あなたも私もいなかった。
そうかんがえたら、今あなたも私もそこに行けている事って奇跡じゃない?

生きてるってことは、壁にぶつかって、お腹を抱えて笑って・・・
思いっきり泣いて人いっぱい愛して・・・。
生きていれば、幸せな時もあるし、辛くて死にたいって思うときも
あるかもしれない。
たくさんの感情を感じる。

でも、それは一人では感じないもの。
たくさんの人に出会ったから感じたこと。
世界には何億人者人がいる。

もし、あなたが100年生きたとすると3153600000秒生きれる。
でも、1秒にたった一人の人と会っても、世界中の人と会うには
とうてい時間が足りない。

だから、今、あなたの側にいる人に会えたのは運命なんだよ。
友達や恋人が居る人は、その人の事を大切にしてあげてほしい。
人と人とが出逢えたのは、偶然と運命と奇跡の3つが
手を組んでできたことだから。
その上で感じるたくさんの感情。
こんな素敵なことは生きている時にしか感じない。

明日を生きる予定だったのに生きられなかった人もいる。
すごく生きたいと思っていたのに亡くなった人もいる。
その人たちの分まで、その人たちのためにも

たった一つの命を大切に生きて欲しい。

たった一つの命だから。

【けんたろうの山】雪山全景

誰にも書くことができない
彼女にしか書くことができない心の叫びだった。

この数年私が行ってきた「震災に学ぶ」シリーズをリンクしておきます。
興味があると思ってくださったかたはどうぞ飛んでみてください。

2009
2008
2007
2006 NO1
2006 NO2
2005
死にたいくらい辛い目にあいながら
生きていてくれる、私と出会ってくれた友人もいる

病気や障害と共にいきる友人もいる

病気や障害と共に生きる家族を
支え続けている友人もいる

みんなみんな、
一緒にこの世の中生きていきましょうよ
命尽きるまで・・・・。

偶然に出逢った命と命
いつか、燃え尽きるまで

来年の中学生からは、戦争も阪神・淡路大地震も
歴史上の出来事と感じる年代がめぐってくる。
スポンサーサイト
【2010/01/24 20:40】 | 未分類 | コメント(5) |
ご縁の宝庫 ~茶房ひさ~
【ご縁】てんつくさん書

近所にずっと入ってみたいと思っていた茶房がありました。
「茶房 ひさ」
いつ定休日なのかも分からず、営業時間も分からない。

ふらりと日曜日に通ってみたり
仕事帰りくるりと回ってみたり・・・・・

でも、今日その「茶房ひさ」と出逢うことができました。

店内に入ると、優しそうなお父さん
カウンターは2席

なんせ、お友達の
「ラクガキ屋hisa」ちゃんとおなじ響きであることから
hisaちゃんとは「オーナーさんの名前なのかしらね?」
なんて話までしていたくらい、気になっていた。

そして、珈琲を頼んで振り返るとこの書です!!!

そんな折、奥からお母さんがでていらっしゃいました。
「こんにちわ」というと
めっちゃフレンドリーなお母さんが
「あら~こんにちわ~」ってまるで知っていたかのような
ごあいさつ

「てんつくマンですね~」というと
「知ってるの?!!」というので
「私も書いてもらいましたよ~」っていう話から

「息子がこんなことしていてね~」と
1円玉がたくさん入った貯金箱をみせてくださりながら

あんやと金沢のイベントスタッフの顔写真を見せて
「これが息子とそのお嫁さん~」って・・・・

これはかなりびっくりですよ。
中村文昭さんがいらっしゃって催された
金沢を元気にしょうのイベント
「あんやと金沢」には、私出演していましたから~
そこでお母さんと意気投合!!

そうしたら、一円玉貯金箱の横に貼ってある
「一縁玉~」の書にも見覚えが・・・・・あらちゃんだ・・・・・

しかも相棒のしげっちゃんは
息子さんの結婚式の何次会やらをしてもらったとかで。

家から歩いて5分もかからない場所に
私のご縁ある人々が凝縮している!!

それだけでもかなり驚いていたら
出てきた珈琲トレイの上にある文字に見覚えが!!

かふくちゃんの書だ・・・・・・
小松の「chaka fook」という雑貨屋さんの書家
かふくちゃんの書のはんこ

「私もこのはんこ持ってます~」って盛り上がり・・・・

お父さんと二人きりになったら
ふと目に止まった
かなりおしゃれなピアノ

真っ黒なピアノが多い中
ちょっと赤っぽいピアノ
「どなたかピアノされているのですか~」と話していると
「妻の兄が○○アカデミーでバイオリンを教えていて
 音楽には詳しいので、選んでくれまして~・・・」
たまにお母さんが弾いているそうで・・・・

んん???
○○アカデミー?バイオリン?70過ぎ??
OliVE家と縁の深い先生のことではないですか?それって。

それは、もう
話せば話すほど、ご縁が凝縮された空間でした。
お母さんが軽やかにいつでも来てね~と退場されたので
私は、「きっとまた来ます!」と
珈琲チケットを購入してきました。

きっと今ごろ
お父さんとお母さんが、あの子何者だったのかしらね?って
話しているかも知れません。

入りたいなって思って入ってみたら
ここに呼ばれていたのかと思う空間でした。

【ご縁】茶房ひさ

当町役場近く
マルエーの裏通りです

あ~びっくりした。



【2010/01/23 18:55】 | 未分類 | コメント(2) |
ちまちまちまちま・・・・・・好き
【マッチ】みんな真剣

ちまちましたものが大好きです。
「小さきもの」はみなかわいいのです。

そのセンスはもう抜群!!で尊敬しちゃうmiyukoさんが
アフティハウスさんという住宅展示会社のショールームで
プチクラフト教室を開催しました。

開催の発表があった時から
行きたいな~って思っていたのに
なんせ受験生を抱える今年の冬はぎりぎりまで予定が立たず・・・
1週間前に「よしっ!!」と決めたときは
もうかなり満員状態だったのに、miyukoちゃんが
なんとか時間をやりくりして、仲間入りさせてくださいました。

【マッチ】まず折ります
【マッチ】お揃い親子

お誘いしたのは、大切なお友達のヨシミさん&ユリちゃん親子
いつもながら仲良し親子さんは
黙々と作っていました。
マッチ箱のメッセージボックス
お聞きしたら、大好きなパパのお誕生日が前日だったそう

【マッチ】真剣二人組

娘、ひろっちも真剣です
中見せて~!!というと
【マッチ】キラキラ~
【マッチ】キラキラ1
【マッチ】キラキラ2

かわいい、キラキラリボンのカードが出てきました~
「わ~すっごい~!!きれいにできたね~」と言ったら
【キラキラ】うける~

この笑顔
嬉しくてたまらないっていうすごい笑顔
私は、この顔が見れたことがこれまた宝箱のようでした。

【マッチ】ミニ絵本かな?

お隣、武生からやってきたHISAちゃんご一行も
とっても楽しそうに作っていました。
【マッチ】信号機?

意外な展開を見せるのは、男性の方の作品です。
ちょっと、寄り切れずぼけちゃってすいません・・・。

【マッチ】娘二人

miyukoちゃんの愛娘・meichonと並んでひろっちは何を
話しているのかな。

この後、切り紙をしてシールも作ったのです。
何はともあれ、ちまちまちまちましている時って
なんだか、とっても妙に楽しい気持ちがするのです。

会場では、miyukoちゃん作のときめく雑貨もありました。
【ミニショップ】おちゃわん
【ミニショップ】シールと天使

生活にちょこっと潤いを与えてくれる
miyukoちゃんワールドでした。
あ~楽しかった。ありがとうね。
【2010/01/19 23:54】 | 未分類 | コメント(6) |
感謝と愛の成人式
【成人式】まり柄

今日は、今年の「成人の日」
いつの頃からか、成人の日は1月15日ではなく、1月第2月曜日となった。
だから、今年の成人の日は11日の今日です。

成人式は、それぞれの自治体等で日も異なる。
私の成人式は20年ほど前
その頃に生まれた人が、今、新成人となる年月が経っているとは
なんとも自分も年を重ねたものだと驚いたりもする。

自分の成人式が終わってから、とんと成人式とは無縁だったのだが
今年、幾度かみなさんにもお話した「ゆいちゃん」が
成人式を迎えました。

1月9日(土)に成人式が行われるとのことで
私でよければ写真を撮りますよ~ということで
富山へでかけてきました。

鞠の柄のお着物は、母まゆさんのご両親がゆいちゃんのために
誂えてくださったものだとか。
小学部の卒業式のために用意くださったもので
その時は、おばあちゃんが用意から着付けまで
全て手伝ってくださったという想い出の着物です。

ゆいちゃんは2~3年の命と言われていたため
本当の成人式に出席するのは難しいだろうと考えており
この想い出の着物を作っていただいた卒業式が
ゆいちゃんにとっては晴れ姿と考えていました。

それから数年
今年、ゆいちゃんは本当の「成人式」に出席することになりました。

【成人式】袴姿

袴は一年先輩のさゆみさんという方のお母様が
さゆみさんのために手縫いされたものをお借りしています。
さゆみさんも昨年、この燃える緋色の袴で成人式に出席されたそうです。

ゆいちゃんの一年先輩のさゆみさん家族がゆいちゃんも通った道を
開いていく道しるべになってくださっている家族のようです。

【成人式】着付け開始

ゆいちゃんの準備には何人もの方の手が必要です。
移動にはたくさんの機械や器具が必要です。
とてもまゆさん一人では無理なことです。
この日もゆいちゃんの在宅生活を支えている
サポートチームがゆいちゃんとまゆさんに寄り添って
準備が進められていきます。

【成人式】まつげくるん♪

髪飾りは、お母さんがいち早く結い上げつけられました。

【成人式】着付け仕上げ

お顔も前の日に、剃ってもらってツルツルお肌がますますツルツル透明に
袴を着て、スッキリ美人のゆいちゃんに大変身です。

【成人式】袴のゆいちゃん

もともと美人さんのゆいちゃんが
20才を迎える頃から、本当に光り輝いて見えていました。
お年頃の女性の輝き
この日は、更にその美しさに磨きがかかっていました。

私は、この後、玄関前でみなさんをお見送りいたしました。
夕方、会場でのゆいちゃんとサポート隊の皆さんの様子を
母、まゆさんがメールで送ってくださいました。

【成人式】サポート隊



母もゆいちゃんもきっとくたくたに疲れたと思います。
だけど、この大きな節目をみんなと一緒に迎えることができて
本当によかったね。

「感謝」と「愛」があふれた成人式でした。

私も思うことがたくさんありましたが
今日は、ゆいちゃんおめでとうの日記です。

本当に素敵
ゆいちゃん、そしてゆいちゃんファミリーのみなさん
成人おめでとうございます。


【2010/01/11 12:04】 | 未分類 | コメント(5) |
一年の始まり 今年は寅年
【新年のごあいさつ】

新年が始まり早11日経ちました。
遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
今年ものんびりブログの「由美子流・枕草子」を
どうぞよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例の玄関飾りは何とかできました。
いつも素敵なお正月花はカリテスさんのもの
背面のてぬぐいは、
かふくちゃんのところの「ハルマチテン」で見つけました。
小さなお正月遊びセットは、掃除をしたら見つけました。
合わせて、11月に娘とTOKOちゃんに教えていただいて描いた
「おちゃめなこけし」を飾りました。
お正月にぴったりです。
少しは、お正月ムードに見えるでしょうか?

今年度は夫婦揃って中学校3年の担任
父ちゃんは、30日まで出勤し
母ちゃんは、掃除をしながら受験資料の準備をし
1日はいきなり朝からパソコンに向かって
生徒たちの調査書(いわゆる内申書)を書いていました。

時間ぎりぎりに飛び出して父ちゃんの実家へ
新年のご挨拶。
ばあちゃんが用意してくれているお節やお雑煮をいただき
子どもたちが、じいちゃんと遊んでいる一時
父ちゃんが、ぐうぐう昼寝している時間を狙って
年賀状をせっせと書きました。

1日・2日で書いて投函した年賀状は
遅いところは、7日あたりに到着したようです。
毎年、毎年遅くなりごめんなさいね。
いただいた年賀状はとても楽しみです。
一年に一度のご挨拶もあるけれど
とてもとても大切に思っています。

翌日からは、母ちゃんの実家に
妹家族が帰省中~

娘にとったら、楽しくてたまらない数日間
妹とふたりで映画にも行きました。
映画は「のだめカンタービレ」♪
私、途中で寝ちゃっていました。
でも、とってもおもしろかったので後編も見たいな~
前編の寝ていたところはそのうちテレビかレンタルで(笑)

そんなこんなで、バタバタ過ぎ去ったお正月休み
仕事もしつつ、遊びつつ
気がついたら1月8日の新学期がスタートしました。
気持ち的には1日寝たら冬休みが終わっていたって感じです。

今年は寅年
どんな年になるのかな?
毎年恒例のみんなで出かけた初詣でひいたおみくじは
「中吉」でした。

とにもかくにも心も体も元気でありますように。
健康第一です。

【夕日】年の終わり



【2010/01/11 11:11】 | 未分類 | コメント(2) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。