スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
咲いたよ、咲いた シクラメンの花
咲いたよシクラメンの花

4月に今のクラスがスタートしたときに
私はこのシクラメンの鉢をクラスに置きました。
その時は、葉っぱだけがちょっとある状態でした。

元々は、昨年の冬に全クラスに配布されたシクラメンです。

一冬花を咲かせたシクラメンの葉っぱだけついている鉢
この鉢のお世話をI君にお願いすることにしました。

彼は、言葉通りに何でも受け取る生徒
机の中も鞄も整理するのは超苦手
すぐにいろんなことを忘れてしまうという
いろいろ彼自身困っている特徴を持っています。

でも、とってもとっても優しい中学生です。

このシクラメンの鉢を無事に夏を越して
花を咲かせようと、クラスのみんなにも話をしました。

初めは、だぶだぶにお水をあげる彼に
お水のあげ方を教えました。
水をあげるという日課がインプットされると
今度は、どんな日でも毎日あげるようになり
状態を見て、乾いてきたらあげないと
根が腐って、枯れてしまうんだよということも教えました。

「苦手なんだよな~」と言いながら
それでも、彼は私のお願いを聞いて何ヶ月もお世話をしてくれました。


それから、10ヶ月の年月が流れ
先週の金曜日の朝・2月9日
学校へ行くと花が一輪ほころんでいました。

まるで、今から本命の受験に向かう
このクラスのみんなを応援するように
見守ってくれているように
一輪、咲きました。

クラスにお客様が来ていた日だったのですが
みんなにどうしても言いたくて
「ほら!シクラメンが咲いたよ」と見せたら
小さく胸元で拍手をしている女生徒が何人も
目に入りました。
「ほんとや~」ってつぶやく男子生徒の声が聞こえました。

小さな花の鉢だけど
34人のクラスメートたちとずっと一緒に過ごしてきた
このシクラメンの鉢

1週間たった今は、3輪の花が咲き
20個以上の蕾が色づいています。
みんなが卒業するまであと、20日という日に咲き始めたシクラメンの花
どうぞ一人一人が
それぞれに一番合った道に進めますように
最後まで私たちのクラスの一員でいてくれますようにと願っています。

今も、様子を見ては
花に水をやってくれているのは
I君から今年になって係りを引き継いだMちゃんです。

中学校1年生で突然交通事故でお母さんを亡くしたMちゃん
人一倍命には敏感な彼女が
卒業までクラスの副会長です。

いいクラスに育ってくれたな~
もう、後ちょっとなんだなあと感慨深い私です。


スポンサーサイト
【2010/02/20 20:28】 | 未分類 | コメント(2) |
幸せはこびます~バルーン行脚~
【バルーン】バレンタインチョコバルーン

娘と二人、昨年の夏以来楽しんでいるのが
バルーンです。

私のネットへの水先案内人だった「ちこママさん」が
またもや水先案内人。

ちこママさんはバルーン大好きが更に進化をとげて
ネットショップも立ち上げました
ギフトショップ マハロ

            マハロさん店頭の言葉より

           マハロ(mahalo)とは
           『感謝する』『ありがとう』をあらわす言葉
           そして『ありがとう』と『感謝』は
           ハッピーになる素敵な合言葉

私たち親子にとって、ちこママはまたまた素敵な世界へ
導いてくださることになりました。

ともすると、日常の忙しさに娘が何を言いたいのか
何に困っているのか、甘えたいのか、喜んでいるのか
そんな表情さえも見落としてしまいそうになる

そんなとき
一緒に、バルーンを使って次はどんなことをしようかと考える一時は
私たち母娘にとって、とても貴重な時間になる

今回のトップ画像は
いつもお世話になっている
お花屋さん「カリテス」さんへ

バレンタインデーにお花を求めに来た人への
プチプレゼントに使っていただこうと
娘とチョコバルーンを作ってプレゼントしました。

【バルーン】お届けしました

ついでに、あやとりも一緒にしてもらって心ほっこりタイムでした。

先日の今年最後の授業参観では「親子ミニ交流会」が行われました。
最初は、会場の飾り付けに使おうと持っていったバルーンですが
話をしているうちに、交流会の景品にしようということになり
私も仕事をなんとか抜け出して参加した交流会では
小学生も一緒に参加した未就学のチビちゃんたちにも
喜んでもらえている様子が見ることができて、嬉しく思いました。

それもお持ち帰りしやすいように
どのバルーンにもリボンがつけられていました。
前日の夜に、彼女がうちにあるカールリボンを少しずつ
巻き取っていたのはこのためだったのですね。

帰ってきて話を聞いたら
お昼休みに教えて欲しいと言った女の子にも
一緒に作って教えてあげていたようです。
コミュニケーションツールにもなっていたようです。

バルーンはわたしたち母娘に
たくさんの幸せをはこびます。
不思議な魅力のバルーン行脚は母娘でまだまだ計画中です。

彼女が何をしたいのか?
何を考えているのか?
そんなことを聞きながら、時にはダメ出しもしながら
一緒に何かを考える時間を大切にしていきたいと思っています。

ちこママ
本当に、ありがとう。

みなさん
待っててね~幸せお届けしますから~

【2010/02/14 17:49】 | 未分類 | コメント(4) |
母たちの願い ~みんな同じいのちなんだよ!~
まずは、お断りいたします。
とっても長文になっております。


先日「感謝」と「愛」に包まれて成人式を迎えた
ゆいちゃんのママことまゆみさんから
みなさんへのメッセージです。

感謝と愛の成人式

 ただ在る~今、ここに命在る~
 そのことが、ほんとうに尊く、愛おしい
よく、がんばって生きてきてくださいました、ありがとう。
そして成人、おめでとうございます

すべての成人のみなさんに、そう伝えたい。

「2~3年の命です」と宣告されたあの日から
生死をさまよう何度もの危機を乗り越え、
夢にみた成人式に参加できた喜びと、
この二十年間、共に生きてきてくださった
愛深い人たちのお一人おひとりの顔が目にうかび、
感謝の涙でいっぱいになりました。

この日も 呼吸器という相棒と共に生きる娘の
 準備・付き添いに、
 朝から在宅を支えてくださっているナースさん、ヘルパーさん、
 元養護学校の担任、友人、命の恩人、
 前日までには、会場準備に医療機器メーカーの方々・・・・

 万全の体制を整えていただいたおかげさまで、
 最後まで、楽しく参加することができました。ありがとうございます。

 すべてをゆだねて生きる娘は
 このようにたくさんの人たちに支えられての毎日です。

 施設基準、制度の壁の前で 悲しい涙を何度流してきただろう。
 その都度、『助けてください』の叫びに、
 いつもどんな時も、私たちに寄り添い、
 生きる道筋をてらす灯となってくださった人との出逢いで、
 生かされてきました。

 それがいつの日か、一方通行ではなく、互いに支え支えあう関係となり、
 娘の生きる場が、ふれあう人の心の居場所になっていると伝えられました。
 愛と感謝を放ち、自分の命に専念している娘と出会い、
 『自分の存在意義、命の重みに気付くことができました。
 出逢ってくれて、ありがとう。
 与える喜びをプレゼントしてくれて、ありがとう』と、
 みなさんから、きもちを言葉にしてもらいました。

 言葉なくても 動けなくても 社会の一員として
 娘たちにしかできない働きがある。
 
 人は誰かに必要とされてこそ 生きる力がわいてくることを、
 娘の命の奇跡が教えてくれました。
 人と人との間に生きてこそ それぞれの命の花がひらくことを・・・・

 あるお坊さんが『ひとは迷惑かけないで生きることはできない』
 と話されました。
  ひとりでは、誰も生きられない。
 他を、自分を、信頼し、それぞれできることをもちより、
 助けあい感謝しながら生きられることこそ、ほんとうの豊かさだな~って、
 娘のそばで感じてきました。

 人と人をやさしさの輪でつないでくれるハンディと共に生きる命たちが、
 さらに光り輝けるような社会になりますように、
 どうぞ、これからもご支援、よろしくお願いいたします。
 
 成人式をさかいに、親ばなれ、子ばなれに挑戦しようと思っています。
 そのためにも、まだまだ家族で支えなければならない
 超医療ケアで生きる娘のような命さんのために、
 『生まれてきてよかった。
 この土地で生まれ生きることができて、ほんとうによかった』
 と思えるような、そんな優しい共生社会になるよう、
 公的に支えるシステムが整うよう、みなさんにご協力をお願いしたいと思います。
よろしくお願いします。

そして、ここまで共に歩んでくださった全ての人々に
 感謝申し上げます。ありがとうございました。

                   ゆいママ こと まゆ

そんな、成人式を迎えたもう大人のゆいちゃんをめざし
後に続く、かわいい女の子と母さんとの出逢いも
ゆいちゃんからのプレゼントでした。

ほのかちゃんと、ほの母さん

ゆいちゃんの成人式のコメントで初めましてです。
このたび、ほのかちゃんの命のことを知って欲しいと
本を刊行されました。

【ほのちゃん】表紙

長期脳死の愛娘とバラ色在宅生活
「ほのさんのいのちを知って」  西村 理佐著
 発行 エンターブレイン

表紙は、ほのちゃん一家のトレードマークのマトさんがずらり
あれ?表紙に窓が?
と、カバーを外すと
【ほのちゃん】表紙のしかけ

父さんマトさん、母さんマトさん、そして・・・・
呼吸器をつけた、ほのちゃんマトさんが登場します。

一晩で一気に読みました。
読みながら、ゆいちゃんの母、まゆさんが言ってたことを
思い出しました。
伝えていく辛さ、あまりにも冷たい社会の制度
声をあげないと、支援の対象にもなれない現実

ひょっとしたら、自治体が変わると
いや、家族が変わりケースが変わっただけでも
あたりまえの生活を送ることが困難になるかもしれないという現実。

ほの母さんが声を大にして伝えたのは
「臓器提供」のことでした。

ほのちゃんは、いまの法案だと臓器提供側になりうるかもしれない存在です。
でも、でも、音声としてのお話をしないだけで
表情で、体調で、あらゆる表現で自分を主張するほのさんから
他の誰かの子供さんを助けるために臓器を取り出せるだろうか?
もちろん、家族はNOでしょう。
でも、世間は?その他の人は?

でも、自分の娘が臓器移植をすれば命が助かると分かれば
やっぱり自分も奔走するのだろうな・・・。

【ほのちゃん】本の中

そんなこんな、いろいろを考えながら読んだ一冊だった。
こうやって、考えることが大切なのかも知れないなとも思った。

先日、初めてショートスティ中のゆいちゃんの元を訪れた。
まゆさんのいない時にゆいちゃんに会うのは初めてのこと。

娘がきっとゆいちゃんの想像を超えた大きな手だったのだろうか?
手を握ったら、
「あ~びっくりした!!」というようなびっくり顔のゆいちゃん
そのお話が娘にも分かり、帰りの車の中ではそのことを
何度も話していた。

私は、写真を撮りながらよくゆいちゃんとお話をしているような
そんな気持ちになる。
ゆいちゃんは、結構いろんなお話をしてくれているのだ。

きっと、母さんたちは、もっといろんなことが分かるのだろうな。
いのちの重さってなんだろう?
一生懸命生きるってどういうことだ?

ゆいちゃんやほのちゃんはしっかりと社会の中で生きている
こんなに、何もできないのに・・・・ではなくて
自分のできることに集中して
最大限の力を発揮して、社会の一員としてそこにいてくれている。

それが、どんなに大切なことなのかということを
あらためて思った一冊でした。

ただ・・・精神的、肉体的には限界があるであろうことは
容易に想像のつく生活

ほの母さんのいうように、どちらか、必要なときに選べる体制に
日本の社会がなればなあと願う。
絶対に在宅をしなくてはいけないのではなくて
どうしても病院や施設しか行くところがないのではなくて
どちらでも選択できる社会に・・・・

あ~だこ~だとまとまりがなくてすいません。
こんなことを考えながら昨日は3時間ほど睡眠でした。

しかし・・・・母さんたちは毎日こうなんだよね~・・・・

いろんな考えがあるとは思いますが、
今回、ゆいちゃんの成人式、ほのさんの本を読んで思ったことを
書きとめておこうと思った私です。

まゆさん、ほの母さん・・・・こんな私ですが、どうぞよろしくです。

【2010/02/02 17:32】 | 未分類 | コメント(2) |
しあわせの学校
フェリシモという名前を聞いたことありますか?
いまや、10件に一件は購入しているらしい
大手通販会社の「フェリシモ」です。

そのフェリシモが数年前から
「ともにしあわせになるしあわせ」を理念に
しあわせの学校
WEB上で、時にはオープンクラスと称して講座形式で開講しています。

石川県では、スターフェリシモとして活躍中の
おもちゃコンサルタントのTOKOちゃんこと三輪利子さんがいます。
彼女のお世話でこのたび、新しく講師採用のための金沢オーディションが
開催されました。

フェリシモ
写真 フェリシモ「しあわせの学校web」より

この中に・・・・・私がいます。

今まで、中学生の生徒たちと家族
私と娘のために続けてきた「言葉の力」をいかした取り組みを
もっと幅広く広げていきたいと思い、オーディションを受けました。

このたび正式に合格通知をいただき
この春から活動することになります。

親子で、友達同士で、一人ででも
自分を認めて、ほめて、自分が、家族が、友達が好きって思える
そんなプログラムにしようと考えています。

よかったら遊びにきてくださいね。

【2010/02/01 07:28】 | 未分類 | コメント(0) |
| ホーム |
由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。