スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
雪の降る朝~つながりの日に~
1968念12月15日
私はこの世に生を受けました。
今日は39回目の誕生日でした。

休日だったので、生まれたという1:00に
母に「おかげさまで誕生日を迎えました。ありがとう」と
電話しました。
昨年は、朝に言ったので
「まだ生まれていないよ」と言われたのですが、
今日は、「そうやね、今頃うまれたんやね~」というお答え。
ふふふ。
最近ではゆっくり話をすることもたまにしかないけれど
何かと私のことを助けようとしてくれる
いつまでもやる気満々の母なのです。

さて、前述の武生行きで「ちひろの生まれた家資料館」で
一冊の本に出会ったことを書きましたが
この本は私の中でこの1年間で一番感銘を受けた本となりました。
雪の降る朝


同じ誕生日ということもあってか
やはり絵の暖かさにひかれてでしょうか
いわさきちひろさんのことは大好きで
東京の美術館も安曇野の美術館も訪れていました。
(ちひろさんは私の生まれるちょうど50年前、1918年12月15日生まれです)

ところが、生誕地の武生にこんな素敵な資料館があるなんて
不覚にも知らなかったのです。
ところが、偶然にも訪れることができた先月
そして、この本を手にしたことにより
また、私の中で大好きな女性が一人増えました。

それは、いわさきちひろさんの生母
岩崎文江さんです。
明治二三年生まれの女性としてはとても珍しいことですが
奈良女の一期生です。
その文江さんは、教師でした。
その初任の地が武生だったのです。

本の半分以上は文江さんのこと
私は、その中でも教師としての文江さんの姿を食い入るように
読み進めていきました。
持ち帰ったら、寝ずにでも読んでしまいそうなので
学校にいつも置いていて、朝の読書タイムなどを利用して
少しずつ読んでいきました。
次はどうなるんだろう?
文江さんは一体、どんな教師だったの?

史実に基づいた本なのですが、
私にとったらまるでファンタジーが推理小説を読んでいるような
どきどき感でした。

後半、文江さんの長女知弘がひらがなでちひろと記載され始めた章からは
童画家いわさきちひろさんが主人公の物語への移りゆきます。
何冊も読んでちひろさんの自伝的な本。
それでも、母親の文江さんの人となりを知って読む
いわさきちひろ像はまた新鮮に私の心に焼き付きました。

絵を通して、平和を訴えたいわさきちひろ
優しい中にも芯があり
「鉄棒を真綿でくるんだ性格」と周囲に言われていたそうである。

あっ、私にも覚えがあるなあって思いました。
いつだったか、
「あなたは肉を切らせて、骨を切らさない性格ね」と言われたことがあります。
まあ、がんこだと言われているのだとは思うのですが
それは良い方にとらえることにしています。
今となっては、誇らしくもあります。

この岩崎家の二人の女性は
私の中の何か大切な物をくすぐる存在でした。
教師としての文江さんは、私の目指す姿でもあるのかもしれません。

さて、この本
「雪の降る朝」を書かれたのは
武生在住の上坂紀夫先生。
私の恩師、金沢大学の加藤和夫教授の高校時代の国語の先生でした。
ということは、私の先生の先生???
これまた、すごいご縁です。
加藤先生は、早速大切な資料の中から
上坂先生の書かれた物をコピーして送ってくださいました。
学校に届いた日、ありがたくて嬉しくて
そして、人はこうしてどんどんつながっていく不思議を感じていました。

今年の誕生日の今日は
夕ご飯は父ちゃんと娘が二人で作ってくれました。
父ちゃん特製の麻婆豆腐と娘が初めてご飯を炊き
おみそ汁を作ってくれました。
どんなレストランのフルコースより満足なのは言うまでもありません・

今年の誕生日のプレゼントは
ちょっと奮発して、ずっとほしいなあって私が言っていた
一眼レフカメラです。
カメラ


これから、いろんな美しい物を写してくれるでしょう。
今は、私より買ってくれた父ちゃんが
アレコレ試して楽しんでいます。
そして、私に伝授してくれています。
ま~なんてありがたいんでしょう。

外出しての撮影第一弾はもろみ蔵で開催中のクリスマス展でした。
TOKOさんとの楽しいひとときについてはまた次の機会に。
でも、クリスマス展なのでクリスマスまでには書かなくては!!

今年も感謝の誕生日は過ぎていきます。
休日に重なったから、なんてまあスペシャルなお誕生日でした。
お祝いのメールやメッセージをくださった方々
私の周りにいてくださるみなさんに感謝します。
本当に、ありがとうございます。
そして、39歳の一年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2007/12/15 21:24】 | 未分類 | コメント(12) |
<<子供の思い・母の思い | ホーム | こころ満たされて>>
コメント
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。優しいご両親とご主人、そして可愛い寛子ちゃんに囲まれて、教師として、妻として、母として充実した日々を過ごしていらっしゃることを嬉しく思います。

そして今回は、私の高校時代の国語の恩師である上坂先生の本を紹介して下さり、ありがとうございます。
上坂先生は高校教師時代から福井では郷土作家として知られていた方で、定年退職後は次々と秀作を発表していらっしゃる方でもあります。私が大学で国語科に進んだのも、高校時代の上坂先生の現代国語の授業の影響が大きかったと思っています。先生の授業で今でも何故か鮮明に記憶に残っている場面。それは、鴎外の「舞姫」の授業中のことでした。上坂先生は突然私を当てて、ある場面でのエリスの心情について「加藤ならここでのエリスの気持ちがわかるな」と言ったのです。なぜ、先生があの時そんなことを言ったのか、今でも謎なのですが…。そんなこともあってか、私は次第に近代文学の研究に興味をもったように思います。結果的に私は近代文学ではなく日本語学の研究をすることになりましたが…。

今、自宅の書架には上坂先生の『清貧の歌人 橘曙覧』、『越前古窯の人―水野九右衛門―』、『旅順港閉塞船 福井丸』という3冊の本が並んでいますが、今度武生に帰省したときには今年一番由美子さんに感銘を与えたという『雪の降る朝』を買い求めて、私も読んでみようと思います。このブログをご覧の方にも、『雪の降る朝』以外の上坂先生の本もぜひ読んでいただければと思います。

ちひろの絵は私も好きですが、そのちひろが私と同じ武生で生まれ、そして、その生家にまつわる事実を高校時代の恩師が世に知らしめて下さった。しかも、由美子さんに送った新聞記事にあったように、先生は、私を教え子と気付かずに福井の方言研究者として私を新聞に紹介して下さった。本当に人のつながりとは不思議なものだと思います。

おととしの秋、武生高校同窓会石川支部総会の記念講演を上坂先生にお願いする機会があり、その折、30数年ぶりにお目にかかって、高校時代お世話になったこと、新聞で紹介していただいたことの御礼を申し上げたとき、先生はその偶然に驚くとともに、とても喜んで下さったのでした。
【2007/12/15 23:39】 URL | 加藤@金大 #-[ 編集]
由美子さん♪
お誕生日、おめでとうございます。
いつも何事にもまっすぐに進んでいかれる姿勢。
素晴らしいと思っています。

これからの一年も、元気で素敵な年でありますように。
【2007/12/16 00:04】 URL | キウィバード #wmNXP16s[ 編集]
お誕生日おめでとう(^^)
素敵なプレゼント、
ほんとに良かったね♪
これからのお写真も楽しみです^^v
【2007/12/16 06:39】 URL | マロン #GYnFN4Ng[ 編集]
♪加藤先生
 ご丁寧な感想をありがとうございます。
 そして、上坂先生との大切な思い出の一場面を
 私たちにもお話してくださってありがとうございます。
 
 教師って、少なからず生徒の人生に影響を与えますよね。
 それはよくも悪くもですが・・・・。
 
 だから、襟を正して勤めなければと思っています。
 ありがとうございました。
【2007/12/16 16:50】 URL | 由美子 #-[ 編集]
♪キウィバードさん
 ありがとうございます。
 まっすぐには自信ありますよ。
 でも、カーブも変化球も身につけたいと思う
 今日この頃です。
 まっすぐ過ぎては打たれたとき弱いからね~・

 こんなに間延びのブログに訪れてくださり
 ありがとうございます。
【2007/12/16 16:52】 URL | 由美子 #-[ 編集]
♪マロンさん
 ありがとう~
 今日もたくさん子供たちの顔を撮りました。
 でも、まだよくわからなくて・・・・
 コンデジがいかにお手軽か分かりました。
 でも、イチデジの写真とってもいいよね~
 こんなに違うのか~と一人で感心しています。
【2007/12/16 16:54】 URL | 由美子 #-[ 編集]
遅ればせながら、由美子ちゃん
お誕生日おめでとう~
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

30代最後の年、どうか素敵な1年でありますように
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

私も大雪の降った日に生まれたので、
「雪の降る朝」というタイトルに惹かれます♪
まぁ~
由美子ちゃんの先生の先生が
お書きになられた本なんですね~

お誕生日のプレゼントが1眼レフカメラというのも
素敵だわ~☆⌒(*^-゜)bグッ!
沢山写真を撮って、アップしてくださいね(^_-)-☆

【2007/12/17 00:16】 URL | らっこ #UXr/yv2Y[ 編集]
HAPPY BIRTHDAY!
由美子さん
遅ればせながらおめでとうございます!
いわさきちひろさん、大好きです。
とても素晴らしい偶然があったのですね。
私もやはり恩師にとても影響されて今まで生きてきたなぁ・・・と思うことがあります。
先生ってやっぱりすごいんですよね。
由美子さんはきっとみんなに種を撒いているんだろうなぁ~って思っていますよ。
「雪の降る朝」また読んでみたい本が増えました。ありがとうございます!
カメラもすごい!
私は今度のお誕生日何にしようかなぁ~!
【2007/12/17 00:26】 URL | ippo #danFcV4.[ 編集]
♪らっこちゃん
 ありがとう~
 らっこちゃんの住む近くだものね。
 きっと本屋さんにあると思うので
 よかったら、手にとってみてくださいね。
 
 カメラ、素敵に映るので楽しいです。
 身近にあるものも新鮮に見えます。

【2007/12/18 19:50】 URL | 由美子 #-[ 編集]
♪ippoちゃん
 ありがとうございます~
 是非、よかったら読んでみてくださいね。
 
 教師という仕事、影響があるから
 怖くもあります。
 しっかりと知に足をつけて中学生と
 向き合っていきたいです。

 我が子が中学生になる頃には
 また違う思いもあるのかしら・・・・。
 楽しみでもあります。
【2007/12/18 19:52】 URL | 由美子 #-[ 編集]
由美子ちゃん
遅くなっちゃったけど
お誕生日おめでとう。
私とちょうど10違いだねぇ
まだまだこれからわくわくがいっぱいだね~
いい一年にしてくださいね。
おめでとう。
【2007/12/18 22:11】 URL | perican #-[ 編集]
♪pericanさん
 ありがとうございます。
 今学期も今日でおしまい。
 元気に3学期をむかえたいですね。

 pericanさん、少し元気になりましたか?
【2007/12/21 05:39】 URL | 由美子 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。