スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
いちごの香り
私、苺が大好きです。
苺の形も色も香りも、そしてもちろん味も
イチゴ模様の物もなんとなく手に取ってしまいます。

娘がお腹にいるとき
一番食べたもの、それは苺でした。
好きだけど、そこまでたくさんはたべなかったはずなのに
かなりの量をそのシーズンには食べた記憶があります。

今年、初めて我が家の庭に
苺を植えてみました。
寒い間は、鉢植えで玄関にいた苺ちゃん。
時期をみて、庭の方におろしてみました。

いちごの花


小さな、白い花が咲いたのは5月中旬過ぎのこと。
それから、花がしぼみ
このお花の真ん中の黄色い部分がだんだんと苺の形になっていく様子を観察するのは
楽しみなことになりました。

いちごの果実


                 photo  by  tochan      

黄色味がかった緑の苺の果実は
どんどんどんどん太陽の力を借りて
今朝、外を見ると真っ赤な果実に成長していました。
昨日は一日中雨が降り続き、それは今朝方まで続いていたようで
苺の葉っぱにも果実にもきらきらと
きれいな滴に朝日があたって、なんとも言えないきれいな様子。

今、ここらへんでは苺の露地物真っ盛り
昨日、実家に寄ったらたくさん苺をいただいたからと
自家栽培のいちごを袋にいっぱいいただきました。

娘が待っていたチャンス到来。
もう一度、苺ジャムを作ることにしました。
今回は、しっかり完熟苺だったため
なかなかとろりとならず、ちょっとゆるめのコンフィチュール
今朝、外に持ち出して思わず写真を撮り
そして、ヨーグルトにたっぷり入れて食べました。

イチゴ味をあまり好まない父ちゃんも
「これは別なんだ」と自家製のイチゴジャムは嬉しそうに食べてくれます。

たぶん、娘と私がそんな風にしている様子も嬉しくておいしく感じるのだと思います。
いちごジャムと


私たちが小さい頃、「食育」って言葉はありませんでした。
それでも、今「食育」でこういう風にしましょうと言っていることは
たいていのことは、おばあちゃんやお母さんから聞いたりしてもらったことがほとんど。
ということは、我が家は自営業で超忙しい母親に育てられたけど
ちゃんと大切なことは、手を抜かずに伝えてくれていたんだな~

中・高とお弁当は自分で作っていたけれど
テストの時の朝は定番の「タマネギのみそ汁」でした。
「タマネギは頭がよくなるのよ~」って言って出してくれました。

私も娘が中学校になったら同じ事をきっとするだろうな。
食べ物って、いろんな思い出や教えを伝えてくれる。
そして、どんなにおいしい買った物でも味わうことのできない
特別の味を心と体に刻んでくれるのが食なんですね。

大好きな苺の話からちょっとはずれたかな。

来年は、熊本のお友達がご夫婦でがんばっている
苺を是非食べてみたいと思っています。
スポンサーサイト
【2008/06/01 14:38】 | 未分類 | コメント(0) |
<<ひろっちお誕生月~3日記合同企画~ | ホーム | にじ文庫~鳥越からの風~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。