スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
寄せる思い
【加賀】ママまだかな

ひらたひさこさんの個展が加賀市イタリアンレストラン「アルテアラルテ」で開催中

開催してまもなくの日にヒサちゃん親子と待ち合わせをしました。
もちろん、娘のそらちゃんも一緒です。
朝一番で、搬入時に気になっていた手直しや新たな作品の搬入をする
ヒサちゃん親子の時間に合流しました。

そらちゃんは窓辺に飾ったママの絵の前で何を思っていたのかな?
【加賀】窓辺のミニ額

テーマが「抱っこ」のHISA展
昨年は双子姉妹のふたご展として出会いました。
それから一年こんな風におつきあいができるようになるなんて
思っても見ませんでした。

人との出会いを大切にするヒサちゃんの思いにぐいぐい引きつけられ
ヒサちゃんの描く、ヒサちゃんの作り出す世界にどんどん引き込まれて
今があると思います。

今年のテーマは「抱っこ」
個展会場には「あなたの抱っこの思い出を教えてください」とノートが置かれていました。
ノートには書けなかったけど
ここに、私の抱っこへの思いを綴ります。

今の私の楽しみは
娘をひさの上にのせて、その暖かさと重みを感じることです。
もう、抱えて歩くことはなくなりましたが
甘えておひさにのってきてくれる娘がいることは
私にとってとても心安らぐひとときです。

抱っこって人と人の距離では、かなり近い関係ですよね。
私自身の他人との距離の取り方を考えたとき
記憶がある限りでは、手をつないだり
ぺったりと寄り添うことが苦手だったように思います。
自分の心の内をさらけだすのも苦手だったと思います。

それはなぜなのでしょうね。
ある距離を超えて自分の近くに誰かが入ってきたら
とても怖かったような気がします。
そうやって近づいた人が離れていくのを恐れていたのでしょうか。

自分自身が抱っこしてもらった思い出の中に
忘れられないのが、祖父の存在です。
共働きの両親だったので、病気をすると祖父母の家へ
何週間も預けられていた私。

祖母に抱っこされたという記憶はあまり残っていないのですが
(たぶんぐずぐずいう私を抱っこしてくれたに違いないのですが)
祖父が仕事から帰ってきたら、家の前にあった公園でブランコを
こいでくれたり、抱っこしてお膝に入れてくれたり
薄板につつんであるお饅頭を3つ買って帰ってくれたりという
心まるごと抱っこしてくれた思い出が私にはあります。
これは、私にとっても大切な思い出です。

抱っこというのは、体を寄せ合うだけではなくて
心も寄せ合って温め合うものなのかもしれません。

そんなことを考えていたら、
かなり無茶な人生を送ってきた祖父が
人生の終盤で私という孫を抱き
心も穏やかに過ごすことができていたのなら
母はとっても素敵な親孝行をしたことになるのではないかと
今更ながら思います。

【加賀】抱っこ展

大人になった今の私は
時には誰かとハグすることもあるし
心を許して、心と心のハグをすることもあります。

抱っこをする。
心と体を近づけて
そんな人がすぐ側に一人でもいれば
人は、いろんなことにがんばっていくことができるのかもしれませんね。

そんなことを考えた
HISA展「抱っこ」

11月のプチマルシェ「笑顔一番」ではヒサちゃんの作品が
我が家のばあちゃんギャラリーのカフェスペースを飾ってくださることになりました。
どうぞみなさん、加賀の個展と合わせて
お出かけください。
スポンサーサイト
【2008/10/09 03:30】 | 未分類 | コメント(7) |
<<東北冬支度~湯殿山~ | ホーム | 笑顔一番の作品たち>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/16 00:00】 | #[ 編集]
お言葉に甘えて、コメント書きこませて頂きに、再びやってくました。

『抱っこ』がテーマの個展。抱っこでお仕事させて頂いている*smile*にとって、
奥の深いテーマだなあと思いました。

由美子さんの幼少期とよく似た私の記憶。
私も、スキンシップ・甘える、ということが苦手だったなあ…って。
だから、今自分が親になってみると、あんまり愛嬌ない子供だったなあって。
でも、そんな私を容赦なく舐め回し・抱き締めて愛情注いでくれたのは、
随分昔に他界してしまった祖父だったなあ…って。
忘れることはないけど、色々な思い出が蘇り、由美子さんに重ねながら読ませて頂きました*

そんな私だったので、『抱っこ』への思い入れが反動となり、
こんなに熱くなってしまうのかもしれませんね(笑)

きっと素敵な個展だったんでしょうね***
【2008/10/17 13:37】 URL | smile-mama #-[ 編集]
♪smileーmamaさん♪
 ようこそ、ようこそいらっしゃいませ~
 ありがとうございます。

 自分のことを書き過ぎて
 みんな引いているかな~って
 心配になっていたところなので
 読んだよ~って声がとても嬉しかったです。

 それでもしょうこりもなく
 またつぶやき続けるとは思いますが
 またよかったらお越しください。

 それぞれ過去の自分を抱きしめて
 今を生きていきましょうね。

 この個展の絵が我が家にやってくるなんて
 夢のようです。

 また、こちらでも紹介させていただきます。
【2008/10/17 19:36】 URL | 由美子 #-[ 編集]
再び、smileです*

…それぞれ過去の自分を抱きしめて
 今を生きていきましょうね。

すごくいいフレーズが心に響いたので、
思わずコメント。寂しかった過去の自分が、
誰かにぎゅーって抱きしめてもらったような
気持ちになりました*
由美子さんのつぶやき、
これからもとっても楽しみにしています*
【2008/10/17 23:59】 URL | smile-mama #-[ 編集]
♪smile-mamaさん♪
 ありがとう~
 以前、掲示板が最盛期の頃
 コメントにコメントを返したり
 何度も会話が続いたり
 そんなことがありました。
 そんな感じのやりとりを思い出して
 懐かしかったです。
 そして・・・・嬉しかったです。
 本当にありがとうございます。

 のんびり更新のブログだけど
 またどうぞのぞいてやってください。
 元気100倍ですから。
【2008/10/18 20:00】 URL | 由美子 #-[ 編集]
由美子さん
「抱っこ」について書いていただいてありがとうございます(*^_^*)
読んで、わたしも書きたいことがいっぱいになったけど、個展で、それぞれの想いをそれぞれに膨らませてほしいと思い、
いまは、そっとみなさんの想いを伺っています。
由美子さんの想いも、こうしてブログで読むことが出来て
心に残りました。

由美子さんの写真も文章も
そらをひざに抱っこして一緒に観ましたよ。
とっても素敵な写真で、
勝手に申し訳ないけど、プリントしてパソコンのそばに貼りました。

個展の絵には、あえて描かなかったけど、
生まれてきて母に抱っこされ
おっぱいをもらい。。それがわたしたちのスタートなんですね。そして、親が亡くなったとき、へんな話ですが、お骨を抱っこして
お墓におさめたあと、存在を感じれるのは、記憶の中。抱っこしてくれた親の想い出を抱っこして生きていくんですね。

smileさん、はじめまして。
ありがとうございます。
個展終わればHPでも作品を観ていただけるようにします。
【2008/10/18 20:40】 URL | hisa #-[ 編集]
♪hisaちゃん♪
 こちらこそ、ありがとう。
 懐かしいことを思い出しました。
 心がぽっと温かくなりました。

 次世代のひろっちと私の父も
 仲良くころころしています。
 そらちゃんとおじいちゃんも仲良しだったね。

 おじいちゃんって特別の存在ですね。
 smileさんへのお心つかいも
 ありがとうございます。

 とっても素敵な二人のつながりに
 立ち合えて。なんだかめっちゃ嬉しい私です。

 そうそう、赤ちゃんがお腹にいるときも
 かんぺきに抱っこの感覚ですよね。
 懐かしいです。
【2008/10/19 19:19】 URL | 由美子 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。