スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
鎮守の森ギャラリーあれこれ
自然の中に作品を作り上げる
そんなイベントをやっている内川地区
今年で10回目を迎えるそうです。

10年前、織物作家の未☆さんに教えて頂いて
初めて訪れたときも、こんな表現もあるんだなあと
驚いたことを覚えています。

あれから10年すっかり今の職業に思い入れが入って
創作の世界から離れつつあったのですが
今年、何かとご縁があってまたこの地区へ訪れることができました。
それも、シン君にお誘いしてもらったのに
予定が重なって無理だなあって感じだったのだけど
三日の朝、この日文化祭で休日出勤の父ちゃんが
職場に送ってほしいということで、朝早く出ました。
さらに、父ちゃんの職場と内川は目と鼻の先。
これは、天のめぐみ~とドライブしながら回ってきました。
外に置いてある作品だけでも鑑賞しようと思って・・・。

まずは、シンくんの家の前を通過して
わんこ達にほえられ・・・・笑

「諏訪神社会場」


20061109193318.jpg


鳥居をくぐったらそこには大きな木の幹にカラフルな作品が
あちこちに飾られていました。
大きな木なのでどこをどう撮ったら分かるかな?と
えらく悩みました。

20061109193513.jpg


そこを出たらどこに行ったらいいか分からなくなり
シン君に電話をして、電話ナビをしてもらいました。
どうやらこの前遊びに行ったときの
竹藪がギャラリーに変身しているらしいと
細い道をkeiで登っていくとありました。

「祠のなかで~ほこらのなかで~」という作品は
石川の石を利用して、家族の様子を再現しているようでした。

20061109193759.jpg


原始の時代かなあ~
祠や洞窟を住居にしていた頃の再現なのかなあ?と
思いを巡らせながらじっくり鑑賞。
これは母と子だよね。

20061109193945.jpg


何だか胸がキュンとなる作品でした。

しばらく行くと、あれ?道ばたに不思議な玉が・・・。
20061109194102.jpg


「竹玉」の使い方と効用~説明看板より~
竹玉には、内川の美味しい空気をいっぱいに詰め込みました。
白い刺は、中の空気が逃げないようにとめる役目をしていますから引っ張らないようにしてください。
竹玉を竹の小道で転がしてみましょう。竹玉が坂道の下の方まで転がったら、またもとの所まで持ってきてください。
でも坂道を登るのが苦しい方は、竹玉を道の脇に置いたままで良いです。
竹玉といっしょに竹の小道を歩けば、あなたの体の中も内川の美味しい空気でいっぱいになり元気になるでしょう。  支那金魚

なんだかかわいくて不思議でした。

ちょこっとのぞくと竹藪の中にドーム発見。


20061109194619.jpg


10年経ってもスケールが大きくて楽しくて不思議な
鎮守の森ギャラリーでした。
来年はいろいろ楽しめると嬉しいな。
シン君のところの収穫祭にも是非行きたいなあ~。

あっまだ写真あった!!追加~


20061109212328.jpg


20061109212413.jpg


竹と竹の間に蜘蛛の巣ように
はりめぐらされていましたよ。

スポンサーサイト
【2006/11/09 19:31】 | 未分類 | コメント(8) |
<<やさしい言の葉 | ホーム | 光る朝>>
コメント
"竹玉"が可愛い!!!
転がして、道ばたに置いてきてもいいっていうのが良いですね!
竹藪のなかのドームも素敵!
【2006/11/09 20:20】 URL | マナベユリコ #-[ 編集]
♪ユリコさん♪
 私もこれ手まりみたいでかわいくて好きでした。
 置いてきてもいいっていうのも、気配りだよね。
 絶対に元に戻すこと!!なんて書かれているより
 ずううっと楽しい気持ちになるもん。
【2006/11/09 20:40】 URL | 由美子 #-[ 編集]
見に来ました^^
神社はオレも行けなかったので、その作品は初めて見ました♪中も見れたら良かったんですが、残念でしたね
あのスギの木はかなり大きいかったでしょ??我が神社のメインの双子杉です☆
【2006/11/09 23:44】 URL | シン #-[ 編集]
♪由美子さん♪

「鎮守の森ギャラリー」~
自然をこんなにも大切になされて、やさしいやさしい歌になって~~~♪

神さまが、そっと御眼を細められておられますのでしょう~☆

お写真がまたとってもすてきですね~☆
【2006/11/10 11:14】 URL | かぜのあや #-[ 編集]
この辺りの山も竹林だけど、一山越えても竹林なんだ。クマさんは果樹があるこちらに出てくるのですかね。
山伝いに行くと尾根越えいちばん近道かも。
登山道はなくてもけものみちはあるでしょう。
自然はいっぱい人もいっぱいの気がする。
【2006/11/10 13:33】 URL | アキヒコ #-[ 編集]
♪シン君♪
 あの杉は本当にすごかったよ。
 またゆっくりシン君のところに遊びに行きたいです。
 でも、熊はこわいよ~。

 
【2006/11/14 19:47】 URL | 由美子 #-[ 編集]
♪かぜのあやさん♪
 写真まで誉めてくださってありがとうね。
 作品がとっても素敵で
 私が喜んで眺めていたことが
 伝わったのかしら?笑
【2006/11/14 19:48】 URL | 由美子 #-[ 編集]
♪アキヒコさん♪
 人はいっぱいはいなかったよ。
 あっ!でも朝だからかな?
 作っている時ってどんなんだろう?
 今度はそれが見てみたいなあ。
【2006/11/14 19:49】 URL | 由美子 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

由美子流・枕草子


日々、心にとまったことを つらつらと書いております。 人と人がつながっていくような そんなブログになりますように。

プロフィール

由美子

Author:由美子
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。